プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

いじめ・人間関係のなやみ

トイレで練炭自殺をした友人。職場でいじめやパワハラ。濡れ衣を着せられたと

投稿日:

人生で一番辛い生死の別れにはまだ、経験がありません。

 

祖母や祖父は亡くしていますが、自身の親、子供、恋人との生死を彷徨うような事に直面していないからです。

 

しかし、過去に一つあるとしたら、友人の自殺でしょうか、、、

 

数年間連絡をとっておらず、電話もつながらず、人づてで彼に辿り着いた時に、彼は自殺をして、2年程が経過したあとでした。

 

職場での濡れ衣を着せされ、家族の支えも得れず、トイレで練炭自殺をしたと聞きました。もっと早く連絡を試みてみるべきだったと後悔しています。

 

私が、連絡していたところで何も変わらなかったかもしれないし、助けてあげることはできなかったかも知れない。だけど、行動に移せなかった、移さなかった事、なにかできることがあったかもしれないと言うことがずっと引っかかっています。

 

周りの知人も、話を聞いてほしいと言われたのに、自分が疲れていて聞いてあげれなかったと、後回しにしてしまったということを後悔しています。

 

彼の実家では、死後数年経っても彼の死を受け入れることができず、お墓に入らずお骨が実家にあると聞きました。

 

彼を死に至らしめたのは、職場でのパワハラやいじめのようなものです。人に与えられた傷だからこそ、人が助けることができたかも知れないと思っています。

 

なにをどうやっても、生きている以上全く人とかかわらないということはなく、間接的にでも、何かしらの関わりや助けを受けています。

 

職場や学校、生きて生活していく上で人との関わりや人間関係は大事ですよね。人は財産だなとつくづく思います。

 

寮生活で毎日のように訪ねてこられ、パワハラ。ノイローゼに

 

小学生の時に、一学年上の子から無視をされて辛い思いをしたことがあります。

 

その日のその子の気分で、その日のターゲットの子が決まり、そのターゲットの子が無視されるという内容でした。自分じゃない子がターゲットになると、何となく自分もその子と話してはいけないような空気になり、話せたかったししました。

 

社会人になってからの体験では、上司で、上司自身も仕事のミスをするのに、自分のミスの時は、笑ってごまかすのに、人がミスをすると、鬼の首をとったかのように注意してくる上司がいした。

 

他は、少人数体勢の仕事の時に、自分だけ無視されて辛い時間を過ごしたことはあります。

 

いじめをうけているときは、そのことしか考えられず非常につらい思いをします。

 

パワハラを受けている人の話は聞いたことがあります。寮生活をしていて、部屋が近いと、毎日のように訪ねてこられて、プライベートの時間が持てなくなった人の話を聞いたことがあります。

 

ノイローゼのようになってしまったと聞きました。

-いじめ・人間関係のなやみ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.