プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

仕事

精神薬は、覚醒剤と同じ。こころのコントロールが自分ではまったくできなくなる

投稿日:

松田様、お世話になります。現在50歳の@@と申します。

 

Youtubeでたまたま松田様を知り、コンテンツを拝読し、感銘受けましたので、ご連絡を差し上げました。

 

さて、私の自己紹介をさせていただきます。

 

昨年12月に50歳でサラリーマンを辞めました。2016年5月より、副業で物販系のアフィリエイトを始め、教材などを買い、1年半ほど勉強をしてまいりました。

 

現在、いくつかのメディアは持っていますが、まだあまり稼げておりません。

 

"人生と世の中をもっと面白く、価値あるものに"をテーマに、小手先の情報による搾取型の情報商材を売りつけるようなものではなく、本質的な価値提供を目指しております。

 

まずは、物販アフィリエイトで年内に月100万円を目指しております。

 

現在、運営中の転職ブログ
https://***************

 

これから収益を得ていく計画です。

 

■私の簡単な経歴

大学卒業後、1992年4月~2017年12月まで約26年間会社員として働く。

2018年1月独立し、現在は個人事業主、フリーライター。

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇(屋号)で、個人事業主として税務署に開業届を提出する(2016年12月、副業の時)

ライター名のハンドルネームは、△△△。

 

私は、サラリーマン時代の2008年1月に当時の勤務先での過労により、会社の同僚のすすめで心療内科を受診しましたところ、抑うつ状態と診断されました。

 

その病院からは、精神安定剤、睡眠薬、抗うつ剤など5種類以上の薬を処方されました。その後、病院をいくつか変えたりもしましたが、約8年間もの間、薬漬けとなってしまいました。

 

この間、2回ほど休職をし、2014年6月にはクビ同然で退職し、失業保険をもらう生活をしておりました。

 

2015年になり、知人の会社に雇ってもらいまして、2017年12月までその会社に勤務しておりました。

 

2013年末に▽▽▽先生という医師に出会い、断薬に挑戦し、3年間かかって、2016年10月に完全断薬に成功しました。

 

薬漬けとなった状態から薬を完全に止めるまでに丸3年もかかりました。

 

精神薬は、覚醒剤とほぼ同じです。まず、こころのコントロールが自分ではまったくできなくなります。今思うと、当時同僚のすすめで、心療内科に行ってしまったことが、最大の失敗でした。

 

人は働き過ぎれば、ストレスがたまり、睡眠の質が悪くなる、モチベーションが落ちるなどは、誰でも起こることです。失恋したり、親が亡くなれば、数週間以上は落ち込むのが人間です。

 

ですが、精神科医は、これらをすべてこころの病だと決めつけ、薬を処方します。

 

これらは、すべて間違いだと私は考えます。

 

心身ともに疲弊しているの対処法は、心療内科に行くことではなく、理不尽な仕事を強いる会社組織というストレス源から離れることがまずは自身の問題を解決するための足がかりになると今は思っております。

 

その後は、瞑想(マインドフルネス)や、食生活の改善などで問題は解決に向かいます。

 

これは、私がまさに8年間以上かけて、体験したことです。このような私自身の辛い体験を、うつ病、抗うつ薬で苦しんでいる多くの人に対し、コンテンツ化していきたいと思います。

-仕事

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.