プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

スピリチュアル

母が脳梗塞で倒れ、3日間で意識がなくなり、3日後に帰らぬ人となりました

投稿日:

松田様ありがとうございます。

 

私自身が霊的な体験、又魂の存在を知る経験となりました事について投稿させて頂きます。 よろしくお願い致します。

 

21歳で母を亡くしましたが その時の体験なのですが、母がまだ健在の頃に、私がまだ 幼少期 ヨチヨチ歩きの頃 母が公園での出来事を、話してくれました

 

母が教えてもいないのに 公園にあるお地蔵さんに必ず 手を合わせて お辞儀をする 赤ちゃんだったというのです。

 

その様な事も私は知らずに小学生となり学校で 当時住んでいる環境 地域の事もあり友達が出来ずお友達の家に 招かれて とても嬉しかったのですが、裸にされ あなたは汚いから 服を洗濯しないと、といわれ 裸で庭で座らされ 濡れた洋服を着て帰る事がありました。

 

 当時 一年生の私は遊んでくれてると思っていましたが、そこの綺麗なお母さんが 心の中で 私を汚い 汚いと いっているのが聞こえて 悲しくなって 濡れた洋服のまま近くの公園でブランコにのっていました。

 

すると 公園の祠の中から声が聞こえた様な感じがして、近づいていきますと、お供えを食べてもいいよ。といわれ そのかわり学校に行ったら きちんとお掃除をしなさい。と お掃除の仕方を教えてくれました。

 

先生に褒められなくても、四角所を丸くホウキで掃いたらだめとか 色々と話ししたように思います。

 

今は記憶が無くなりましたが そのおかげなのかはわかりませんんが 学級委員に選ばれました。だけど友達はできませんでしたが 苦しい 家計の中で クラスメイトで 8ケタ以上の暗算ができる女の子に憧れ そろばん塾に通っていました

 

その様な中 とても辛い 忌まわしい 経験をする事になりました。

 

算盤塾は当時子供の足で歩いて30分以上の距離で 友人3人と返っていましたが、何度か声をかけてくれる おじさん?お兄さんがいました。

 

頭を撫ぜて抱っこして持ち上げてくれる、最初は警戒していましたが 当時 両親より抱っこして持ち上げて貰えないので、何回目かで 凄く嬉しくなりました。

 

そんな時 私はそのまま連れさられて イタズラをされ 殺されそうになりましたが 身体の中から 身をあづけなさいの声が聞こえ 命が助かりました。

 

そして それからの記憶 神様や お地蔵さんに手を合わす事なく その時の経験すら全て 忘れ 青年期を迎えました

 

そして21才の頃様々な病気に悩まされ 神様に手を合わせる様になり、特に父とは 確執ばかりで子供の頃より好きではなく家を飛び出していました。

 

2月の寒い冬でしたが 誰かに見られている感が離れなくて 次第に頭に激痛が走り あまりの痛みで 気が遠のいてしまったのです。その時全身電気の様なもの 耳鳴りと同時に自分の姿が見えるのです。

 

すると今度は白装束の美しい女性が私の周りで 私を見下ろしているのです。思わず 知ったばかりの天津祝詞を唱えました。すると 首の後ろに穴が空いて 天井も穴が空いて 首の後ろより凄い電流とともに 霧状のものが 身体から天井の青空の方向に抜けていきました。

 

抜け切ったら 天井の穴も 私の首の後ろの穴も塞がりあんなに痛かった頭もおさまっていました。何事が起きたのか、当時の私の体感は首の後ろが凄く楽なった事は 直ぐに わかりました。

 

その後この様な恐ろしい体験を母に伝えました。 母は、良かった、良かったと言ってくれましたが 翌日 母が脳梗塞で倒れ僅か 3日間で意識がなくなり 3日後に帰らぬ人となりました。

 

その3日間の間に 父の夢枕に出てきて 今回の事情を話したのでした。私には、母が他界した理由がわかりました。

 

私は命を継ぎ足して頂き幼少期の辛い経験が 私の魂にとって必要だったという理由が最近 わかりました。

 

そして 10年前に 愛する弟をなくし 不思議な体験を通して 私はこの命を尊び命を継ぎたしてくれた 母 弟の為にも お役に立ちたいと 思っといます。

-スピリチュアル

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.