プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

仕事

歌舞伎町のホストでベストテン。ネットワークビジネスを始めたがうまくいかずに

投稿日:

始めまして。都内でタクシードライバーの仕事をしているものです。

 

朝3時30分に起きてお弁当をつくり6時から翌日の2時30分までの長時間労働です。

 

お客さんのほとんどは良い人達ですが、たまにお酒で酔っ払いのお客さんから絡まれて怒鳴られたり、後ろから蹴られたり、胸ぐらをつかまれて殴られそうになった事や社内で吐かれたりお金を貰えない事もあります。

 

以前はユーチューブで陰謀論にはまって世の中の支配層がメデイアを使い庶民を誘導している事もうすうす理解をするようになりました。

 

私も今年で60歳になりこのままでは終りたくない思いでユーチューブの成功者を見ていた時に今までとは全く違う波動を感じる松田さんと出会えました。

 

私はインターネットの世代でないのでこの文章を作成するのでさえ時間がかかっている始末です。

 

子供の頃は父親が酒癖が悪く、母親に暴力を振るったり酒飲み運転でバイクの事故を起こして練馬区の6畳一間のアパートで家族4人で母親のミシンの内職と生活保護で暮らしていました。

 

NHKのテレビにでたくらい貧乏でした。トイレが外にあった為、小学校の頃は「@@の便所は外にある」と何度も言われてバカにされた事もあります。

 

私は昭和の根性の時代でしたのでアニメの「巨人の星」に感化され甲子園を目指して日大の付属高校の野球部で3年間頑張りました。

 

当時は真夏でも水を飲むとばてるからと飲めませでしたし、練習後に部室に呼ばれてたるんでいると先輩から殴られたり蹴られたりしました。

 

全国大会で優勝したOBがノックをしてくれるのですがエラーすると呼ばれてけつバットをされました。おしりがこわれるぐらいの強さと音もしました。

 

高校3年の九州の修学旅行も野球部は練習でいけませんでした。結局は甲子園にはいけませんでしたが 私にとっては青春の一ページでした。

 

大学は夜間部に何とかはいれましたが一人ぐらしがしたいのでアルバイトに明け暮れて大学へも行かなくなりました。

 

高校時代の野球のエネルギーが移動したのが女性でした。

 

デイスコで知り合って彼女をつくったりもしました。風俗店へもいきました。トルコ風呂(ソープランド)のお姉さんから「ホストになれば」の一言でその気になり新宿2丁目に面接に行きました。

 

スナックみたいな狭い店でした。男性か女性のどちらからでも指名されたら言うこと聞いてお金をもらうとの事です。そうです。店を間違えました。

 

その後、歌舞伎町のホストが60人位で生バンドの演奏がある店に勤める事になりました。

 

先輩のホストの指名のお客さんに「あなたは歌はうたえるの?ダンスは踊れるの?できないでよくホストなんてやってるはね」と言われた事がありました。その後、歌を習ったりダンスを習う為に昼はダンス教室で夜はホストクラブを掛け持ちした事もありました。

 

何軒か店は変り新宿のマンション、暮らし車はBMW、時計はカルテェ、ロレックス、店で売り上げベストテンの中に入る夢はかないました。37歳ぐらいだと思います.

 

私のお客さんでネットワークビジネスをしているので私も夜の世界から足を洗い事業を始める考えに変りました。

 

何か仕事をしなければと建設現場で働く事にしました。先日まではタキシードや白いスーツを着てシャンデリアの下でブランデーグラスを片手に女性を相手の仕事でしたが、今度は腰ベルトをしてヘルメットをかぶり汗と泥まみれで働きました。

 

でもネットワークビジネスは上手くいきませんでした。現在はタクシードライバーで限界を感じています。

 

ラットレースからの脱却や86歳で団地住まいの母の親孝行や父の入っている墓の木の札がくさってボロボロなので墓石を買いたいなど悩みがあります。

 

松田さんの過去の人生を拝見して人並み以上のご苦労を感じました現在は困っている人達を助ける為に行動している姿はすばらしと思います。

 

私もパソコンで今の自分が変わる事ができたならば、松田さんのように困っている人達を助けながら自分の魂を成長し続ける人間になりたいと思います。宜しくお願いいたします。 

-仕事

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.