汚言症!?『もう死にたい』『もう嫌や』『消えてしまいたい』って言葉が駆け巡る

私には3つの悪い癖があります。どちらもいつのまにか習慣になってしまった悪い癖で、治そうと努力していますがなかなか治りません。

 

1つは強迫性皮膚摘み取り症。

 

言ったら指の薄皮を剥いてしまう癖です。いつも手の親指の甘皮や親指の横らへん、正面の指と爪の間をカリカリとめくってしまいます。酷い時期は、他の4本指全部をそういう風にめくってしまっていました。

 

親指なんか特に酷く、指の腹まで皮をめくってしまって真っ赤になっているときもありました。血が溢れてティッシュでおさえることがあるくらい深くめくってしまうこともあります。

 

親指の爪は、甘皮がでてくる前にめくってしまっているいるので、爪の根元が傷つき、爪の表面全体が少しでこぼこしています。

 

2つ目は上のと似ていて爪を噛む癖。手の爪を噛んでしまいます。

 

仕事場の人の整えられた綺麗な爪を見て、私も綺麗な爪にしたい、そう思って、しばらくは爪が伸びたら爪切りでちゃんと切るようにしていたんですけれど、いつのまにか爪を噛んでしまっています。

 

爪を噛む延長線で指の皮も噛んでしまっているときもあります。

 

3つ目は汚言症に近い癖。

 

頭の中で『もう死にたい』とか『もう嫌や』『消えてしまいたい』って言葉が駆け巡るんです。声には絶対に出したくないけれど、誰もいない1人のとき、ぼそっと口にしてしまうことがあります。

 

3つとも、やらないように気をつけているのですが、やめようと心の中で必死に抑える自分と、やってしまう罪悪感いっぱいの自分が葛藤していて、結局どうしてもやめられないんです。

 

なんでこんな癖がでてしまったのか調べたところ、どちらもストレスや不安やイライラが原因らしいです。それと「誰かから認められたい」と思う承認欲求が満たされないときにも現れるらしいです。

 

確かに汚言症に近い癖は、仕事に帰ってきてから自分のヘマを振り返ったときとか、嫌なこと・辛いこととかあったときにしてしまうことが多いです。

 

指の皮と爪を噛む癖は、テレビを観ている時とか、携帯を触っているとき、家族と話しているときとか、無意識のうちにしていることが多いです。

 

あとやっぱり指は、かさぶたと新しい皮とめくった皮とでぼろぼろになってるので綺麗にしようと触ってまためくってしまうの繰り返しだと思います。

 

してしまった後はすごく後悔しています。直すように努力しているのですが、直すには発症してしまった分だけの年数がかかるのかもしれないですね。

 

松田さんへ、このお話を書けたことにとても感謝しています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうこざいました。

コメントは受け付けていません。