人と話すのが苦手で3人以上の集まりになると自然と聞く側に回ってしまいます

普通の人がなかなか理解できない自分のクセや習慣(性的なもの以外)。

 

自分のクセや習慣はじぶんではなかなかわからないものです。人から指摘してもらった場合にはじめきづけるのでしょうがなかなか人は相手のことを目の前にして言ってもらえません。

 

相手のいい癖は言うことで相手に喜んでもらえるかもしれませんが、良くないくせは相手を不快にするだけです。
愛想笑いでその場は過ごしても根に持たれたら当分口を利いてもらえないか二度と話をしてもらえなくなるからです。

 

最近ではなかなか自分のことを相手から聞くことはないのですが、身内特に親から小さい時に言われてきたことについて記述します。

 

普通の人がなかなか理解できないかどうかわかりませんが、自分は人と話すのが苦手でよくおとなしいといわれ続けてきました

 

少人数でも3人以上の集まりになると自然と自分は控えてしまい、聞く側に回ってしまいます。なので、2人のときには少しは自分のことも話すことはできていますし、全く話をしないわけではありませんでした。

 

結局わがままなのがその原因なのでしょうね。自分の言いたいことが言えるときには話をするのに言えない環境になると途端に黙ってしまう。そういう方も大勢いると思いますが。

 

まただれにでもやさしいというのも良くない癖のようです。

 

人から言われてはじめて気づきましたが、自分では気をつけて優しいふるまいをしているわけではないのですが、だれにでも愛想を振りまいているといつかは誰にも信用されなくなるということを聞いておどろきました。

 

もっとしっかり自分の意見を言ってダメなものはダメとしっかり意思表示しないと支持をして人にやってもらうことはできないようです。

 

アフィリエイトでも外注化というのがありますが、外注するにしてもしっかり支持を出してやり直してもらいたいことになっていては支持をしていかないと思った記事を作成していただけなるなどの弊害もありますし、自分の思ったブログにならない可能性もありますよね。

やはり生きていく以上は、ひとりで生きることは難しいことです。助けてもらいながら生きていかないといけない。

 

そのためには今の自分がどう考えているのかどう思っているのかしっかり相手に伝えることによって自分をわかってもらえるし、相手も安心するのではないだろうか。

 

そう考えると自分の癖というのは自分だけにとどまらず周りの方々に多くの影響を与えてしまうんだなということを肝に銘じてしっかり意思表示をしていかなければと思います。

コメントは受け付けていません。