人の話を理解できない…スマホの録音機能を使い、後で何回もリピートしています

松田さん、こんにちは。私は51歳になる会社員です。

 

生まれつきのコンプレックスについて。

 

歯並びが悪い、出っ歯、変な顔にそばかすだらけ、背が低く運動神経ゼロ。運動会ではいつもビリッけつ。当然、女の子にモテた記憶など一切ありません。容姿でいったら子供の頃からコンプレックスだらけです。

 

こんなんで生きてきたのでみんなの前に出て発表するとか言い出しっぺになって何かをするとか、自分の容姿で噂になったり、あんな顔でよく言うよとか、思われると思うと、静かに当たり障りなく生きてきたと思います。なので劣等感のかたまりなのです。

 

いつの間にか、何をやっても自分は他の人には敵わない、自信がないと、何十年とそんな思いで過ごしてきた。

 

20代の時、友だちん家の近くのカラオケスナックに行った時のことです。たまたまそこには地元近くのCATVプロデューサーという人がいて、見映えは置いといて、いい声してるから出演してみないと言われ、やっぱりそうだよなぁと思いお断りした事がありました。

 

管理職に就いた今、会社の代弁、周知、社員を集めての問題解決、協力会社に対しての今後の稼働会議などで話をする。全てがストレスとなっています。

 

何回やっても慣れることはありません。しかし、こんなんで生きてきたからこそ、少しでも克服しようと、50年生きてきました。当然、家族や友人に助けられ励まされ、勉強になり、そして自分を信じてという気持ちでここまでやってきました。

 

集中力のないコンプレックス。昔から、興味があるものは集中して聴き、頭に入っていく。それ以外は、聞いてはいてもいつのまにか意識が違ったところへ飛んでいく。聞いている途中から、気になった言葉などから、気がつけば妄想モードに入っているパターンが多いです。

 

特に仕事で大事なことを話されていても、なかなか頭に入ってこない。よくないことです。現在も仕事の段取り等に、影響を与えているのは確実です。

 

子供の頃から勉強することに興味がなく、窓の外を眺めては妄想にふける。そんな日々を過ごしてきました。

 

人の話をよく理解できない。話を聞いている途中で理解できない言葉や物事に対して、そこで考えてしまい、思考が次へ進まなくなりパニックに陥ってしまいます。

 

早口で話されるひと、小さい声で聞き取りずらいひと、話に癖のあるひと、会社の上司に結構いらっしゃいます。
発注者との大事な会議などは、あとで議事録にまとめ提出しなければなりません。

 

最近は、スマホの録音機能を使い、後で何回もリピートして理解しています。頭が悪いといえばそれまでですが、しかたないかなと、そうゆう自分とうまく付き合っていくしかないです。

コメントは受け付けていません。