日記。小さな文字で余白を残さず、書いて行けばどの位の期間書けるかと続けている

驚かれる私の習慣っと言う事で書いてみます。

 

私が続けて居る習慣は、日記を付ける事なんです。きっかけは、飲み屋の抽選で当たった景品のノート。縦21.5cm横15.9cm厚さ1.5cm、少しでいいし、毎日書かなくて良い、出勤した時にでも書いてみる。っとゆる~く続けてみる気で書き始めました。

 

前日に食べたものや、やったこと、今思っている事など、くだらない事を書きながら続けています。

 

初めに貰ったノートには罫線が有り、それに従い書いていました。2006年2月20日月曜日から2007年12月6日日曜日迄書き続ける事が出来ました。2冊目も同じようなノートをネット通販で購入し、2007年12月19日水曜日から2009年7月3日金曜日まで書き続けました。

 

そして3冊目。それまで使っていたノートとは違うデザインの物が欲しくなり、再びネット通販で検索し購入。このノートには罫線が有りませんでした。自由に書きつけて良いな~って思いながら書いて行きました。読み返してみると、内容はそれほど変わりない事が書かれているのですが、時の大きさがその時々で結構違っていたり、行間を大きくとっていたりでした。

 

しかし、職場で扱う製品がとても小さく、顕微鏡で出来栄えを検査するようになった頃から徐々に文字の大きさが小さくなってきました。ノートのつかい方が勿体無いと思い始めて居た節も有ったと思います。ページが進むにつれて文字はどんどん小さくなって行きました。

 

そこで自分なりに気がついたのですが、ここまで文字が小さければ、覗かれても読まれたりしないよなあ、なんて。と言う事でそのノートは2009年7月7日火曜日から、2011年10月4日火曜日まで書いていました。

 

さらに4冊目。小さな文字で、なるべく余白を残さず有効に使って書いて行けばどの位の期間書けるのだろう??とも思い、書き続けて行く事にしました。勿論、自分の中のルールは変えず、気が向いたときに、主に出勤した時に書くと言う事にして。なので義務感とかは全く無く、書く事が普通になっていました。

 

ここまで続いているのは自分でも正直驚きでも有ります。2011年10月7日金曜日から2018年4月16日月曜日まで書いていました。

 

そして今現在も書き続けておりまして(3冊目4冊目と同じ罫線なしのノート)2018年4月19日木曜日から現在に至るまで続けています・・・と言うか続いちゃってます。

 

読み返してみると、何年経っても似たような事を書いていたりするのですが、去年の同じ日に何が有ったかが解って笑いそうだったり、自分でも思い出せない事柄が書いてあって謎だったり、そう言えばこんな事有ったよねとか、植物達は春のいつ外に出したり、冬の初めのこの頃に家の中に入れてるとかのデータも掴めて面白かったりしています。

 

親しい友人にだけ、頼まれて見せた事が有るのですが、「細かいね~」「良く続いてるね~」っと驚かれるやら感心されるやら、文字の小ささにギョッとしてる風だったりな反応を貰ったりしました。

 

日記だったり備忘録だったりするこの習慣はこれからも続けて行くと思います。と言うか続いちゃうんだと思います。

コメントは受け付けていません。