マッサージ業のシングルマザー。男性向けサービスを要求され怒りが湧きます

はじめまして。私はマッサージ業をして生計を立てているシングルマザーです。この仕事をして3年が過ぎましたが、男性のお客様からの性的サービスをしつこく求められることに不満と、怒りがあります。

 

私は、純粋に女性と同じく、男性も疲れているし、女性のようなリラックスできる環境を作りたいという想いから、男性のお客様も承りしています。そして、ご予約を承る際も「いかがわしい事のない、女性がスパやサロンで受けるのと同じリラクゼーションであること」を納得頂いています。もちろん、誤解されるような場所近くには触れないようにもしています。

 

しかしながら、最後の最後に「駄目元で聞きますが」と、男性向けサービスを要求され、本当にガッカリします。その度に怒りが湧きます。「ああ、結局、そこを求めてるのか」と。技術をどれだけつけようが、関係ないと仰っていた方もいました。悔しいです。

 

それでも最初は笑顔で「ごめんなさいねー、最初に確認した通り、うちはそんなんじゃないんですよ」と言うけれど、そうなると調子に乗って腕を掴まれたり逆ギレされる。挙句には、貴方が色気があるからとか、身体がヤラシイとさらに不快なことまで言われます。

 

悩んで知人に話せば、これを褒め言葉だと言われることもありますが、この場合は褒め言葉ではありません。そういう女としてしか見えないと言われてるものだと思います。

 

私は自分でも女性らしい肉付きだと感じていますが、それを強調するような格好や仕草は、仕事ではしていません。しないようにし、刈り上げヘアに薄化粧、服装も一般的なサロンユニフォームです。それでもそういう扱いになる。嫌です。

 

思えば、昔から男の人に気に入られるように嫌なことにも応えてきましました。それは昔、男子からイジメを受けていたからです。多感な、中学生のころ、突然「ブサイク」と呼ばれ、クラスの男子全員から「ブスが横に来たら勉強の邪魔になる」と言われ、避けられました。

 

仲良かった女子も、一緒になって「あ、ブス」と笑いながら言うようになりました。当時自殺を考えるくらい辛くて、担任も副担任も…助けるどころか一緒に笑っていました。

 

親に「毎日地獄」とだけ、唯一力を振り絞って言ったときも、「何が地獄じゃ、はいはい、学校遅れるよ」と言われたことで、もう誰も助けてくれないと1人になることで気を落ち着かせては、泣きました。

 

あの頃から、なんでもいいから好かれるようになろうと思うようになり、嫌でも笑うようになりました。嫌な顔をすると、余計嫌なことをされるし、言われるからです。そして18の時に、可愛いねと言われたのが嬉しかった私は、その人のいうとおり、身体を売りました。

 

気持ち悪くて涙が出たけど、終わったあとに、「こんなことで可愛いって言ってもらえるんだ。しかもお金くれた!」って思いました。

 

そんな過去の思考が影響してるとも思いますが、今はそんなアピールはしてないのに。あれから15年以上経つ今も、そんな風に扱われる。

 

そして、今まで近づいて来た人は全員、そうでした。私は、男性からは性的対象以外の人間には見えないのでしょうか、そうしか見てもらえないというのが、最大の不満です。

 

純粋に好意を持ってくださってるのだろうと思う男性ですら、魅力的だとか言って身体を求めようとしてくる。仕事中にです。今はもう、このマッサージ業を辞めたいとまで思うようになってます。

コメントは受け付けていません。