胃がんの末期で後半年と言われた母。ビタミンCの大量投与で6年程生きた

私は、今年で満62歳になる会社員です。もう相当な年なので、赤字でリストラされそうです。(実際には、中小零細企業の為、身を引かざるを得ない状況)

 

そんな中、インターネットで調べていたところ、松田さんの記事が目に止まり、ユーチューブなどを拝見させて、もらいました。感服しました。まずは、御礼申し上げます。

 

今現在の世の中の不満の一番は、来年10月の消費税増税です。犯人は、財務省であります。

 

また、国会議員の無能さ、ふざけるなです。国の借金が1000兆円だから、財源が足りないから、組織でマスコミ、政治家を洗脳する軍隊組織だと思います。負債だけでなく、日銀を含めた資本を組み入れれば、まったく問題ないみたいです。税金で給料をもらいながら、日本人を幸せにする事より、自分の出世を優先するようです。まったく、ふざけていると思うのですが・・・。

 

もちろん、その道の専門ではないので、youtubeで見た”@@@@(内閣参謀関与)”さんと経済評論家の”**”さん、そして、”XXXX(元財務官僚)”さんの受け売りですが。

 

日本だけが、20年も経済成長をせずに、日本人から富(お金)奪って不幸せにしてます。今は、政府が公共工事にお金をだして、デフレから脱却すべきです。それなのに、来年10月に再度消費増税したら、またまた、日本人が貧乏になってしまう。もう犯罪だと思うのですが・・・。

 

また、財務官僚にいいくるめられる”政治家”、”マスコミ(テレビ、大新聞、日本記者クラブ等)もうお先真っ暗。もっともっと声を大きくして、解体すべきと思います。介護福祉にもっともっとお金を使える。

 

2番目は、ガン治療法についてです。40年程前から、治療法は①外科手術➁化学療法③放射線治療④免疫療法が主流でした。今でも、抗がん剤・放射線治療を平気でしている大学病院がありました。

 

アメリカでは、もう抗がん剤は無力で効果なしとして、化学療法はしていないとの事。2人に1人はガンで死ぬ時代に信じられない。これも、犯罪と思うのですが・・。ガンになったら、食事療法(野菜中心)で何もしない方が長生きし、幸せな生活ができると思うのですが。

 

私も若い頃、母親が胃がんの末期で後半年と言われ、ライナス・ポーリングの提唱したビタミンCの大量投与で6年程生きました。

 

今でも、抗がん剤、放射線治療をやっている病院、医者があるなんて信じられない。見方を変えれば殺人。日本という国は一体どうなっているのか。抗がん剤治療が儲かるからなのか。キチガイ沙汰。

 

また、心療内科も、原因がわからないのに、抗うつ剤のような自然界に存在しない合成薬を飲ませて神経を病ませている感じです。まるで、モルモット。医者の世界って何なんだ。もちろん、一部の医者は、本当に患者さんの為に日夜頑張っている人も多いと思いますが・・。

 

三番目に、今までの不摂生がたたり、糖尿病だと言われ入院していたのですが、最後に栄養士さんの食べ物・飲み物のレクチャーでびっくり。特に、飲み物のでは、体にいい物はほとんど無いことを知りました。

 

例えば、体に良いと思ってた野菜ジュース、乳酸菌飲料、ソースなども糖分が多く、炭酸飲料に至っては、信じられない位の砂糖が入ってます。糖尿病にならない方がおかしい位。

 

実際、”砂糖”の表示は書いてあるけど、その量が問題。メーカーは、ちゃんとその変を、買う人に説明する責任があると思うのですが。

 

ここでも、お客の健康より販売量(お金)。おそらく、他の分野でも、同じ事が起こってると想像できます。

コメントは受け付けていません。