プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

成功哲学

うつ病でも起業している人は多いという話

更新日:

うつ病なんですけど、起業できますか?
というメールがたまにきます。
会社で競争に巻き込まれてしまい、精神を病んでしまった人からです。

うつ病で気も起業できますか?と聞かれれば、もちろんできますよ。とお答えします。

うつ病でも、統合失調症でも、双極性障害でもできます。

うつ病は国民病

うつ病なんてものは、国民病といわれています。

予備軍を含めれば1000万人ほどいると書かれている本もあるくらいです。

一生に一度、うつ病のような状態になるといわれています。

また、うつ病は心の風邪なんて言われるくらい、世間では蔓延しているんです。

一般の会社員の間でも、モラハラやパワハラが原因でうつ病になって、会社を休んだりする会社員の方が多くいます。

正式にうつ病と診断されれば、一年くらい休める制度もあります。

その間は給料が全額とまではいかなくても何割かが働かなくても支給されたりします。

そもそも、病んでいる起業家は多い

経営者の中でも心の病は蔓延しています。

パニック障害やうつ病などの人は多くいます。

別に、精神病じゃなくても、体の病気・・・例えば、膵臓や肝臓が悪いとか、心臓が悪いとか、そんな人は沢山います。

経営者も高齢ですからね。

さらに、精神病も増えています。

経営者や起業家は基本的に孤独なので、精神の病になる人がが多いのです。

ですから、うつ病でも起業できますか?という疑問があるようですが、健康な人でも起業するとうつ病のリスクが高まるといっても過言ではありません。

その他の精神病

うつ病だけではなくて、有名な精神病を2つほど紹介したいと思います。

双極性障害

双極性障害とは、以前は躁うつ病などと呼ばれていました。

うつの時と、そう状態の落差が激しくなります。

たとえば、鬱の時は、死にたいとずっと言っていたり、体が重くてずっと横になっていたりしますが、そう状態になると、走り回ったり、アイデアがわいてくる!などと言って、創作活動を始めたりします。

具体的には、よくしゃべったり、テレビを見てゲラゲラとわたっらり、絵をかいたり、ゲームをしたりします。

ブロガーなどでも躁うつ病の人が多く、そう状態の時にブログを書いたりしているようです。

統合失調症

統合失調症は、いろいろなパターンがありますが、基本的には、被害妄想が強い、という感じです。

警察に狙われているとか、自分の個人情報が、国家にばれていて、監視されている、などの妄想をもっており、本気で信じています。

統合失調症と聞くと、包丁を持って暴れまわったり、暴言や暴力をふるうというイメージがあるかもしれませんが、本人の元々の正確に依存するようです。

私の知り合いにも統合失調症の方がいますが、かなりおとなしく、普段は12時間以上寝ていて、起きているときは、ゲームやネットをいじっている等、おとなしい人です。

また、インターネットとパソコンで仕事をしていて、ある程度収入を得ているので、お金にはあまり困っていません。

ですから、統合失調症=凶暴で暴れまわるという誤解はやめておいてくださいね。

むしろ、うつ病になってからが勝負説

人生、いろいろあります。

苦しい事、悲しい事、パワハラ、モラハラ、病気、けが、いろいろあります。

交通事故で首を怪我して、そこからうつ病になったりする人も多いようです。

現代社会はうつ病になりやすいといえます。

テレビからは絶え間なく、災害や、政治下のスキャンダル、芸能人のスキャンダルのニュースがたくさんあります。

子供の間ではSNSのいじめなどもあって、子供の間でもうつ病が増えているといわれています。

また、貧困からくる将来の不安、職場の人間関係、不安定な会社などが原因で、なぜか良くわからないけど、不安がたくさんあるという人も多いです。

ですから、うつ病になったら、人生詰んだ、というよりは、むしろ、うつ病になってからが人生のスタートだ!と思うくらいでちょうどよいと思います。

そのくらい心の余裕があった方がうつ病になりにくいですし、現在うつ病であれば、悪化せずに済むと思います。

とにかく、現在の社会は、病んでいますので、まともな神経をしていたら、精神を病んでうつ病になっても仕方ありませんよ。

うつ病にならないために

真面目な人ほどうつ病になりやすいといわれています。

たとえば、〇〇しなければならない
〇〇するべきだ、〇〇でなければいけない!

といった思い込みが強いタイプです。
こういうタイプはうつ病になりやすいといえます。

学校で一人か二人くらいいませんでしたか?
生真面目で責任感が強く、他人の悪さを注意しまわっていたりする人が・・・。

あなたが、人から「あいつは真面目過ぎる」といわれるタイプであれば、うつ病になりやすいタイプかもしれません。
ぜひ、気を付けていただきたいと思います。

対策としては、高田純次やビートたけしのように、適当人間を目指すという事です(あくまでイメージですよ)

真面目過ぎて堅苦しい人ではなくて、適当人間を目指してください。

幸せな人は結構適当に物事を考えているものです。

無理をしてはいけないよ

仕事も、勉強も無理をしすぎてはいけません。

無理のし過ぎがうつ病の原因のナンバーワンです。

特に日本人は真面目過ぎるところがあるといわれています。

大地震の時も出勤したりしますよね。

東京では、電車が夜に電車がとまってしまうとわかっていても、台風の時に出勤したりします。
案の定、帰りの駅周辺は人だかりです。電車がとまっているからです。
にもかかわらず、駅に行って電車にのろうとします。

ちょっとおかしなところがあるのです。

残業が多かったり、家に帰らずに会社のソファで寝泊まりしてまで会社で激務をこなす人も大勢います。

そんな生活を続けていると、もちろんうつ病の原因となります。

とにかく、周りに合わせて、無理をしすぎて精神を壊すような事だけは辞めるようにしてくださいね。

うつ病でも起業できます

うつ病でも起業できますか?という質問には、はい、できますとお答えします。

というよりは、起業している人の中にはうつ病の人が多いのです。

ですから、あなたがうつ病でも起業はできます。

かかりつけの医師と相談しながら、仕事をするとよいでしょう。
意思と相談しながら、余裕をもって働くことで、治る可能性が高まると思います。

実際に、ブラック企業のせいでうつ病になった人が、農業系で起業し、仕事を通じて、うつ病が治ったという事例もあるようです。

ですから、あなたにもチャンスがあります。

今は、きちんと手順を学べば、頑張らなくても成功できる時代です。

成功のためのテンプレート(手順)はあなたは、用意されているのです。

あなたは、それをきちんと守り、成功者の教えに忠実に生きる事さえできれば、成功します。

がんばらない成功哲学を学んで、ぜひ、起業して楽しい人生を送っていただければ幸いです。

-成功哲学

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.