プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

成功哲学

競争意識を捨てて愛と調和の精神の人が不労所得者、お金持ちになれる時代です。

今回は、お金を稼ぐために絶対に避けなければいけない、サタンの罠という事でお話をしていきます。

サタンの罠を知って、きちんと理解して、サタンの罠を見抜ける人になっていただきたいと思います。

何とかの理論とか、科学や数学などの難しい知識は必要ありません、

小学校3年生でもわかるようにお話をします。

naze,

なぜサタンの罠を見抜かなければならないのか?

なぜ、サタンの罠を見抜ける人になっておかなければならないのかというと、サタンの罠を見抜ける人になっておかないと、5年、10年、15年と独りでお金を生み出すことができません。

サタンの罠を知らずに、副業や起業をしても、99%は失敗します。

がんばって3年持てばいい方です。多くの人は、3年も持たずに半年ほどで、サタンに罠にはまって、無限地獄のような苦しみの状態になってしまい、そしてやがて心身ともに消耗してうつ病のような状態になってしまいます。

最近は、夢と希望をもって起業したり、独りでパソコン一台で家でできる副業や起業を始める人が多くなってきていますが、9割以上が、潰れてしまいます。

サタンの罠にはまってしまうと、頑張れば頑張るほどうまくいかないような状態になります。

そして、頭が混乱して、まるで10個くらいのラジオ番組が頭の中でずっと聞こえているような、頭のおかしな状態になったり、目の痛み、吐き気、首残り、めまい、頭が痛い、ひたいや頭部がしびれる、目が痛い、疲れが取れないといった体の症状まで現れてくるようになります。

サタンの罠、代表的な3つ

あなたが、潜在意識に自動的に豊かな現実を引き寄せてもらって、頑張らずに成功するために知っておかなければならない、サタンの罠、代表的な3つをお話ししたいと思います。

潜在意識を捨てる

まず、一つ目です。競争意識を捨てる、競争意識を捨てなければ、あなたは成功できません。

最初に言っておきますが、競争してうまくいく時期もあります。

20代から35歳くらいまでは、頑張ってうまくいく可能性が高い時期です。野球選手やボクシングの選手はだいたい38歳くらいまでに現役を引退します。

頑張ってどうにかなる年齢ではなくなるからです。

それと一緒で、ビジネスの世界でも、頑張って伸びる時期と、頑張ってもどうしようもない時期があります。

あなたが、20代であれば、がむしゃらに頑張ってもいいかもしれませんが、今は、人生100年時代です。

あなたが、今、30代か40代であれば、頑張ってお金を稼ごうとするのは辞めてください。

20代でも、20代のうちから頑張らずに稼ぐ方法を身につけておくことをお勧めします。

パソコンを使う仕事で、頑張っても、うつ病の原因になりますし、体も肩こり、目の疲れ、首コリ、背筋が曲がってしまって、重度の猫背や背骨が曲がって治らなくなる側弯症になってしまいます。

ですから、頑張るのを辞めてください。私が、頑張るのを辞めてくださいっていっても、いやいや、頑張らないと稼げないでしょう、と思う方もおられると思います。

でも、それは間違っています。それこそサタンの罠なんです。

サタンの罠に気づくまで10年以上かかりました。

どういうことかというと、頑張れば成功するとか、根性で乗り切るとか、つらい時期でも歯を食いしばって頑張るとか、それ自体は否定できるものではありません。

人生、いろいろ苦しいときもありますから、そういうときもあると思います。

でも、それは、人生や生き方の話で、ビジネスとはまた別に考える必要があります。

ビジネスでは、頑張るとか、根性とか、歯を食いしばれとか、そういうことは一切必要ありません。

もう一度言いますが、ビジネスでは根性論なんて必要ありません。

特に、私のように長期的に独りでネットとパソコンだけで家で稼ぐという事を目指しているひとにとっては、根性論は必要ありません。

むしろ、心をらく~~にして、からだもリラ~~クスして、まるで半分眠っているかのような気持ちで仕事をすることが大事です。

例えば、私のコンサル生で3年以上やっている方がいますが、その方の仕事場は布団の上です。

ゆた~~っとした気持ちで自分のらく~~な姿勢で仕事をしなければ、長期的に稼ぎ続けることは不可能です。

しかも一日4時間以上働いてはいけません。働く時間は、一日4時間、週3から4日程度で十分なんです。

こういう話をしても、まだ、わからない方もおられるかと思います。

頑張らなくていい、潜在意識に自動的にお金を運んできてもらえばいいんですよ。

というと、頑張らずにどうやって稼ぐんですか、私は、死ぬ気で頑張ります!気合いだ、根性だ!そういう人はネット上に多くいます。

そういう人はサタンの罠にはまっているんです。

メディアに洗脳される大衆たち

たいていの場合、マスコミのニュースやスポーツ、テレビ番組に洗脳されています。

ものすごく簡単に言う言うと、テレビ番組、マスコミ、スポーツ番組等はあなたに競争意識を植え付けるためのサタンが仕掛けた罠です。

例えば、テレビ番組では、連日、スポーツ選手が練習している姿とかを放送します。

金メダルを取ります!とか言っている選手もいます。そういうスポーツ選手を努力する姿勢は素晴らしい、ぜひ頑張って金メダルを取ってほしいですね、などといって、ほめるコメンテーターもいます。

テレビのクイズ番組では、点数を競い合って、答えを外した人は馬鹿にされたり、罰ゲームをさせられたりしています。

もちろん、スポーツで頑張って、何か成績を残したり、その頑張っている姿勢をみて、励まされたり、感動したりするいい部分もあります。

それを見て、例えば、自分のサイトを上位に表示させるために頑張ってたくさんの記事を書こうとか、頑張ってプログラミングの学習をしよう、頑張って死ぬ気で勉強してプログラミングをマスターしようとか、通信販売などで、できるだけ頑張って、たくさんのお客さんに発送しようとか、そう思うかたもいると思います。

それもサタンの罠です。

サタンは非常に賢いので、9割の毒の中に、1割くらい良いものを混ぜていたりするんです。スポーツの例であれば。感動や美しさという1割の中に、体罰、ドーピング、引退後に就職先が見つからない、病気、けが、パワハラといった9割の悪いものを隠しています。

競争意識で生きて来た、スポーツ選手で、薬物にはまったりとか、ギャンブル依存症、なかなか就職ができないひと、ひざや腰を悪くしてしまって、50代で車いすの人も多いです。サタンの罠は非常に巧妙に仕掛けられています。

その証拠に、私が今こうやって、私が真実を話したとしても、納得できない部分があったり、私が今回話している内容にたいして、間違っていると思う人もおられるかと思います。

それこそサタンの賢いところなんです。

サタンの罠は非常に巧妙にできていて、論破できないようになっています。

サタンの罠をすべてを否定できないようになっています。

サタンの罠と不労所得の関係まとめ

競争意識を捨て去れば、あなたの人生は好転するのは事実ですが、必ず、競争意識は必要だ、という人も出てきます。

私が真実を伝えても、必ず、反論してくる人が出てくるのも、これもサタンの仕掛けた罠なんです。サタンの罠にどっぷりとはまっている人が松田のいう事は間違っている、嘘ばかりだ、詐欺師だ、とネットに私の悪口を書かれるかもしれません。

私は、真実をお話ししていますが、結局、何が正しいか、あなた自身で、決めるしかありません。私の話を嘘だといって、がむしゃらに死ぬ気で頑張って成功しようとするのであれば、止はしません。

がんばってください、知りません。

ただ、私は、15年以上独りでネットとパソコンだけで稼いでいますし、コンサル生も月収で100万円以上の人から無職から年収で5000万円以上になって法人化した人から、個人事業主として月収40万円程度でやっている方までいろいろな方がおられます。

その私からの答えは、競争意識を捨てたほうが、効率よく成功できますよ、という真実です。

今回は、サタンの罠、代表的な3つのうち1つをお話ししました。

残りの2つは、別の記事でお話をしたいと思います。

残りの2つも、あなたが自動的にお金を生み出す人になるために絶対に知っておかなければならない、非常に重要な真実となっています。

-成功哲学

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2020 All Rights Reserved.