薄毛化や肩こりからくる頭痛、老化で健康食品やサプリメントを大量に飲んでいる

59歳男性です。健康の悩みが切実になってきました。週刊誌の健康情報を読む機会が増えてきました。若いころは見向きもしなかったのにね。

平成29年10月現在、悩みといえるものを箇条書きします。
1.ほっぺたが下垂してきて、ブルドック顔になってきた。
2.目の周りに薄黒いシミ
3.額の後退による薄毛化
4.夜中のトイレ3~4回。熟睡できない。
5.夜の元気の低下
6.歯がもろくなってきた。黄ばみが強くなってきた。
7.視力の低下。大好きだった読書が、しだいに、面倒になってきた。
8.体臭。加齢臭なのか?
9.体型の変化。お腹が出てきた。
10.体力不足。休日も布団から出たくない。
11.仕事のストレスによる吐き気
12.仕事のストレスによる早朝覚醒
13.肩こりからくる頭痛
14.「成人病ではないのか?」という不安

仏教では「老いの苦しみ」を説いています。

60歳を目の前にして、いろいろなものが衰えていくのが悲しいです。健康オタクなので、健康食品や、サプリメントを大量に飲んでいます。

 

「いつまでも若く元気でいたい」そして「女にももてたい」という気持ちもあるのです。

しかし、一日一日と見た目も汚くなり、体力も落ちてくるのです。「老いを受け入れないといけない」のでしょうけれどもね。

高校生時代の元気いっぱいの頃を懐かしく思います。そして、高校生の時に井上陽水の「人生が二度あれば」という歌を聴いて、「年はとりたくないよなぁ」と感じたことを思い出します。見た目の維持。健康的な体力の維持。これが大事だと感じます。

コメントは受け付けていません。