問屋はメーカーと小売店に挟まれ利益が出ない業種。毎日12時間以上働き髪が薄く白髪に・・。

今から30年前に大学を出て親の会社を継ぎました、業種は問屋です。激務でした。

 

問屋はメーカーと小売店に挟まれほんとに利益の出ない業種で、しかもそのころからメーカーの直売が始まり問屋は厳しい状況でした。

 

私は外回りで営業しておりましたが、常にパワハラを受けており、仕事もうまく行かず、会社のシステムも確立されておらず効率が悪く、薄利多売で激務でした。

 

なんとかしないという思いから、毎日12時間以上働きました。

 

睡眠時間を削るしかなく、30歳を過ぎたときには髪の毛が薄くなりはじめ白髪も多くなりました。家族では弟も親父も薄くなく私だけこうなってしまいました。

 

その時はかなり太ってました、今より10キロ以上ありました。そんな時代をすぎ、親父が亡くなり10年前から私が代表となりました。

 

しかし、業績はどんどん落ちていき、社員を減らし、私の給料も減らし、ここ1年は、ほとんど休みなく働いており、節約のため会社での食事はすべてレトルトでご飯を電子レンジで温めていました。

 

会社では食事をまともの取らないため皮肉にも10キロ以上痩せてしまい健康上心配になり検査しましたが今のところは健康でした。

 

申し訳ありません。幸いにも身体だけは問題ないようです。当たり前のように思ってましたが、50を越えて、ただただ神様に感謝するようになりました。

 

 

会社をやめるため、最低でも月30万円稼ぎたいが、家に帰ると眠くてたまらない。

 

長年勤めた会社を定年で退職しました。今は関連会社で働いております。

 

できればもう会社勤務の仕事はしたくないのですが、家のローンがあり、専業主婦の妻と大学生の子供がいるために、もう少し仕事をしなければならないのです。

 

同年齢の友人たちの中には、会社を辞めて家でのんびりしているものも何人かいます。うらやましいです。

 

できれば、自由に仕事をしたい。松田豊さんのように「家でマイペースでパソコンを使って仕事をする」というのは最高です。ベストの環境に思えます。

 

アフィリエイトは数年前からやっており、一時期は40万円以上稼いだこともあるのですが、今は5万円くらいです。

 

とにかく家に帰ると眠くてたまらない。

 

幸いなことに今年6月に松田豊さんの「マインドチェンジプログラム」を購入し、今も、家に帰ると5分~10分くらい視聴します。

 

するとしばらくはやる気がでます。とはいっても、家に帰ると、とにかくねむたい。日中の仕事もストレスが多くて、「家に帰ったらゆっくりしても、それは許される」と自分に納得させています。

 

しかし、このような状態では、目標である「月50万円」というアフィリエイト収入は近づいてきません。

 

会社の仕事をやめるためには、最低でも月に30万円を稼ぎたいものです。眠気に負けずに副業に熱中したいものです。

コメントは受け付けていません。