ホルモン機能低下症(橋本病)で体重増加、疲れやすく便秘、抜け毛、無気力、眠気、月経不順の症状が

私は47歳で、49歳のサラリーマンの主人と4人の子どもがいます。今年の春に前職を辞め、今はアルバイトをしています。

 

前職を辞めたきっかけが、体調不安によるものでした。約8年勤めましたが常に仕事がキツくて辞めたい、という思いを持ったまま、生活のこともあり、辞めずに続けていました。

 

プレッシャーが大きい仕事で、2度ほど円形脱毛症にもなったりしていましたが、体は動かせたので頑張るしかなかったのもあり、続けていました。

 

でも、3年ほど前に原因不明の微熱が1週間ほど続き、ある朝起きると(その日は休日でした)全身パンパンに浮腫んで、手を握るのも痛いくらいに浮腫んで、起き上がるのもやっとでした。

 

その日のうちに近くの内科の病院に行って、血液検査をしてもらいましたが、少し貧血があるくらいで異常はみつかりませんでした。

 

心配なら大きい病院で精密検査を受けるよう言われましたが、しばらくして、症状もおさまり、仕事が忙しい時期でもあったので、大きい病院には行かずに半年ほど過ぎた頃、友達から首の辺りが腫れているのでは?と指摘をうけ、その友達のお姉さんが甲状腺を患っていて、似たような感じなので、甲状腺専門の病院で診てもらったら?と勧めてくれたので、甲状腺専門の病院で受診しました。

 

すると、血液検査の結果、ホルモン機能低下症(通称 橋本病)と診断されました。バセドウ病の正反対の病気です。首の膨らみはその症状から、甲状腺に水が溜まることから起こる症状でした。

 

注射器で水を抜いてもらって、膨らみは収まりましたが、薬を飲まないとまた水は溜まりやすくなるそうです。膨らんでいた方とは逆の甲状腺には腫瘍があると言われ、その日のうちに組織を採取して調べることになりました。

 

検査の結果、良性だったので、経過観察ということになりましたが、結果が出るまでは悪性なら手術になることもあり、家族みんなで心配な毎日を過ごしていました。ちなみに、内科での一般的な血液検査では、甲状腺に関する項目は検査に含まれないそうです。

 

橋本病の主な症状が、代謝が下がることにより、体重増加、疲れやすく、便秘などにもなり、浮腫みやすく、抜け毛、無気力、眠気、肌の乾燥、月経不順、汗が出ない等、たくさんあります。ほとんどの症状があてはまってましたが、病気のことを知るまでは、老化によるものだと思い込んでいました。

 

足の浮腫みなども立ちっぱなしの仕事のせいだと思っていましたし、その他の症状は完全に年齢的なものだと思っていました。お医者さんにストレスが原因ですか?と聞いたら、ストレスでこの病気になるなら、ストレスある人みんながなることになるから、ストレスはあまり関係ないと言われましたが、私の中では絶対に仕事のストレスが原因だと感じていました。ストレスは人によっていろんな形で現れるものだと思うので…

 

薬を飲むようになって、症状はだいぶん改善されましたが、汗が出ない、とか疲れやすい、という症状は特にあまり改善されませんでした。

 

そんな中、仕事は朝9時から夕方5時までで、一日中集中力のいる作業で、立ちっぱなしということもあり、ずっと「いつまで続けられるだろう?」と思いながら続けていましたが、今年に入って仕事がしばらく暇になると聞いた時に、これは転職するチャンスかもしれないと思い、別の仕事を探して応募したところ、受かったので、これは転職する運命だと思い、決断しました。

 

長くお世話になった会社を突然辞めることになりましたが、病気のことを話すと会社の方にも納得してもらえました。

 

今は、アルバイトで1日4時間〜6時間のシフト制の勤務で働いています。前職とは全く違う販売の接客の仕事で主にレジをやっています。仕事に慣れるまでは、緊張して、失敗も何度かしましたが、店長をはじめ周りの方々が本当に良い方ばかりで、助かりました。

 

今は仕事にも慣れ、働く時間も前よりは短くなったことで、体調はだいぶんよくなり、汗も出るようになったり、体重も健康な時に近いくらいまで減りました。でも、3ヶ月に一回通院して薬は飲み続けています。

 

コメントは受け付けていません。