ブラックな長時間労働と眼精疲労が原因でうつ病になり、妻の親の会社だったので、離婚に。

初めまして、私は現在46歳の男性なのですが、42歳でうつ病になり、会社を辞めざるを得ない状況になりました。

 

会社も妻の両親の会社でしたので結果、離婚となってしまいました。健康について、あれから4年ですが当時は健康に気を使っておらず(幼いころは病気なんて気合で治るという父親の教育方針のもとで育ちましたので30代中頃までは、実際に気合で治るものだと思っていたほどです。)また完全に身内だからといってブラックな労働時間、環境でした(1日15時間、週1回休めればよい方)。

 

精神的にも責任ある店舗運営の部長職で、自己中の社長の下で、毎週、店舗で起きる些細な事まで会議で責められるような状況でした。

 

今考えると精神的に病んで当然でしたが、体調に不調を感じたのはまず、目からでしたがこれは最近、テレビで眼精疲労のことをやっていたのですが、まさにこれでした、うつの原因にもなるということで当然の結果だったのでしょう。

 

その後の会社は私の兄弟が営む会社だったのですが、兄弟にも関わらず全くうつ病に理解のない人間で、社内で新規事業をしたのですが、結果同じような状況で、またこのままでは体調を崩すことになると思い、辞めることを決断しました。

 

健康については2年前から筋力トレーニングを始め、自宅にホームジムと呼べるほどの器具をそろえました(私の住まいは田舎でフィットネスジムと呼べるような施設までは、1時間ほどかかりますので・・)

 

筋力は現在が一番あると思います、体力、持久力などは全体的にやはり衰えており、うつ病に関しても以前のから前職までの間に完治しているのかどうか自分ではわからない状況で、たまにいろいろイヤなことを思い出してしまうことが多々あります。

 

一人でできる仕事がないかと考えておりましたところ、アフィリエイト等のことができないかと思い相談している次第です。しかし仕事がらみでまた体調を崩しはしないかと心配しており、年が年だけに現在辞めたばかりで病気やケガも心配な状況です。

コメントは受け付けていません。