乳がんだが、抗癌剤治療や放射線によるがん治療に疑問、治療も検査も受けていない

いつも、動画配信ありがとうございます。

 

松田さんに健康の悩みをお伝えするのは控えようと思っていたのですが、このような機会をいただきましたのでお伝えすることにしました。

 

私は現在、52歳です。ちょうど10年前の42歳の時に乳がんになり、18年ほど勤めた会社を辞めることになりました。

 

会社に努めていると病気になって、手術や治療で休みを取るとなかなか会社勤めを続けることはできませんでした。今はほとんど引きこもり状態で毎日不安な日々です。

 

この10年間で同じ病気で若い女性が亡くなっていくのをみて不安で不安で仕方がありませんでしたが、誰にも言うことができません。

 

テレビで健康やがんの番組が始まると極力見ないようにして避けてきました。病気の話を聞きたくなかったのです。ですが、最近友人に言われたのです。

 

そうやって避けている事自体、不安を引き寄せているんじゃないかって・・。確かにそうだったのかもしれません。向き合うことはとても怖いのです。

 

手術、放射線治療をしましたが、今の抗癌剤治療や放射線によるがん治療に疑問をいだきそれ以来、病院の治療も検査も受けずに過ごしております。

 

最近、誕生日を迎えることができましたのでまた、一年感謝して生きようと思いました。

 

いつまで生きられるかなんて誰にもわかりませんので朝、目が覚めたら今日も生きて目覚めることができたと感謝して日々過ごしております。

 

病気になるのはやはり、自分に原因があるのだと思います。最近、鏡の法則という本を読んでそう思いました。

 

自分自身の父親との関係もよくありませんので、その問題も解決しなければならないと思っています。

 

今は、経済的な問題を解決して松田さんのように心の安定と平安を手に入れたいです。よろしくお願いします。

 

コメントは受け付けていません。