父親が胃ガンで胃を3/4切除し、胃⇒膀胱⇒腎臓と移転し摘出手術、最後は痴呆症に

以前に職場で出世して同僚からの妬みと上司からのパワハラで精神的に参ってうつになったと書きましたが、そこから人間関係に自信が持てなくなりました。今もうつ状態なのはこれが一番大きな原因です。

 

仮に仕事を辞めて他で働いても、この心の傷はいえないと思います。今まで人間関係で精神的にダメージを受けることがほとんどなかったので、心に大きな穴が開いたようになっています。でも仕事しないと家族を養うことができません。心の葛藤が続き、今もしんどいです。

 

こんな状況なので女房も助けてくれるどころか、無関心な感じがするようになっています。思いたくないですが離婚して一家離散しないようにアドバイスを頂ければと思います。

 

私の父親は5年前にガンの転移でで亡くなりました。亡くなった時に正直ほっとしたのを覚えています。

 

なぜほっとしたのかというと、今から30年ほど前、私が高校生の時に父親が胃ガンになったのが始まりで胃を3/4切除し、十二指腸を結びつける今では考えられない手術をし、そこからが大変で転移しまくりでした。胃⇒膀胱⇒腎臓と、腎臓は1つなくなり、膀胱もガン細胞が転移するたびに焼き切る手術を何度も行い、生かされている感じしかしませんでした。

 

それでもガン発覚から25年も生きられたことはすごいと思いましたが、最後には痴呆になり、私の顔すらわからない状態になりました。医学の進歩も中途半端が一番困ることをその時嫌というほど実感しました。

 

母親の苦労が印象に残っています。その母親も、坐骨神経痛で腰が悪くなっており、歩くことも辛くなってきています。でも私がこんな状態なので、母親に金銭面など構う余裕がないのも現実です。どうすればいいのか全く分かりません。

 

生きていくことが苦しいと思うことさえあります。老後の生活を考えるといいしれぬ不安が押し寄せてくるような感覚がします。

 

何かヒントになるようなアドバイスがあれば教えていただければと思います。

 

コメントは受け付けていません。