プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

健康問題

50代で「心房細動」不整脈と高血圧。脳梗塞予防にイグザレルトという薬が処方された

投稿日:

現在58歳ですが、心臓の不調を感じたのは今思えば6年くらい前だったと思います。当時は、食品メーカーの営業職でしたが人間関係でのストレスを強く感じていました。動悸が激しくなる頻度が増えましたが、検診の時は症状が出ない為治療はしませんでした。

 

今考えると恐ろしくなります。血圧が計る度に高くなっていったので循環器内科を受診しました。24時間心電図や24時間血圧測定で、夜寝てても血圧が200以上もあったりして明らかに異常でした。

 

診断は「心房細動」不整脈です。激しい動悸が頻発してました。気楽に考えられない病気のようで、この病気で一番心配されるのが脳梗塞とのことです。

 

脳梗塞予防の為に当初はイグザレルトという薬も処方されました。この薬は血液の凝固を防ぐ薬で心房細動に付きものの薬らしいです。ただ、ジェネリックがない為高いです。今も薬は服用してますが、イグザレルトからは解放されて家計的に助かってます。

 

私が治療を始めたころ、他の営業所の営業マンが2人脳出血で倒れました。1人は寝た切りで意識もない状態で、もう1人も寝た切りではないにしても重篤だったと聞いてます。

 

聞くところによると2人とも普段から私と同じくらい血圧が高かったということを聞いて、もしかしたら自分もそうなったかも知れない、と思ったものです。ストレスも大きな要因だとは思うのですが、今となってはわかりません。自分のストレスの器が許容量を超え溢れてしまったので、20年勤めた後退職しました。

 

57歳でしたので、その後の仕事探しに苦労しましたが生きています。そのまま居たら死んでいたかも知れないと本当に思っています。大きくても小さくも会社というものは、入ってみないとわからないものです。

 

しかし、一度入社したら、また中高年であればなおさら辞める決断は出来ず、我慢するしかないのが現実だと思います。今は、心臓は大人しくしてくれてます。薬は継続して服用しています。

 

以前、保険会社にいる大学の後輩から生命保険の満期に伴い他の保険を進められましたが、自分が当時飲んでる薬名を言ったところ「先輩、それ飲んでたら保険無理ですわ」と断られました。「結構深刻な病気なんだな」と思ったものです。

 

今は落ち着いているとは言え心臓のことなので、穏やかに暮らしたいところですが心配事が多くそうもいきません。心臓に負担をかけてしまった自分の生き方、これまでの考え方も悪かったのかなと思います。心臓だけでなく、これまで世話になってきた自分の体にも悪いことをしたなと思います。

 

しかし、今一番苦労しているのは腰痛です。運送関連の仕事をしている為、本当にきついです。無理をしたのが原因だと思いますが、かなり痛いです。動き始めれば何とか終わりまで今はやれてますが、心臓よりこっちの方が今は深刻です。

 

痛みがなければ、それほどキツイ仕事だとは思いませんが、この痛みの為すっかり弱気です。いろいろ治療法を試してますが、まだ解決してません。この歳で運送系の仕事はしたくないのが本音ですが、他にないので仕方なくやってます。

 

-健康問題

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.