プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

健康問題

NPOの社交不安障害や引きこもり、不登校の子が山の中で共同生活する体験をした

投稿日:

もう10年位引きこもりをしている36歳の男です。3年前、心配した親に勧められNPOがやっている自分と同年代の引きこもりや不登校の子どもたちが山の中の施設で共同生活する体験をしました。非常に健康的な生活をそこでしました。

 

施設内を掃除したり、飼っている犬の世話をしたり、炊事洗濯は自分たちでやったり自立できるようなことを体験しました。もっと笑顔になりなさい、体力つけなさいとそこの先生から言われました。結局、気を使いすぎたのが良くなかったのか体調を崩して(メンタル面は良かったのですが)3ヶ月で帰ることを許されました。

 

子供の頃から心配症で、人に会うたびに緊張して人見知り状態になっていました。友達も小中学生時代に数人できたきりで、高校、大学時代は一人もできませんでした。コミュニケーションも下手で、体力もないです。

 

工事現場の監督から怒鳴られたり罵倒されたりするのが嫌で、交通誘導のアルバイトも10年前にやめてしまいました。

 

評価される恐怖があり、いつも他人から悪く言われるのではないかと気にしてばかりいます。人に見られると行動がぎこちなくなります。自己主張も苦手です。人の意見に合わせてばかりなのでストレスばかりたまっていく生活をしていました。

 

数年前、社交不安障害という病気があるらしいとネットで知り、心療内科のクリニックに通うことにしました。今も通院中です。

 

クリニックの先生から『自分の人生なのだから、もう少し強欲になって我がままに生きても良いのではないかなと思いますよ。謙虚で遠慮深くて、いつも誰かのためを思って行動しているので、自分が前に出て主張するようなことがないんですよね。幼い頃から人の心に敏感だったんですね。物静かで大人しい無口なタイプだったのではないかなと思うんですが、でも、心の中ではいつも「どうしてこんなこと言うんだろう」とか理不尽に感じられていたのではないですか?極度の心配性、不安症なんですよね。だから、失敗しないように考えて考えて考えぬいてから決断をするんですが、なかなか良い結果が出なくてもどかしさばかり感じていたのではないでしょうか?』と言われ納得しました。

 

今は、クリニックに通いながら考えを改め自己評価を高める練習や運動療法を取り入れ毎日精進しています。

-健康問題

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.