プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

健康問題

精神病は遺伝しますか?家族みんな何らしらの精神疾患を抱えています。さらに、母親は卵巣がんです

投稿日:

僕は二十代中盤で、都内でサラリーマンをしております。実家は東北地方にあります。そこに住んでいる家族の話をします。

 

まず、今僕が気にしていることは母親と弟と祖父の病気です。現在、実家は母親、義理の父、祖父母、実弟の五人で暮らしています。全員、基本的に体の病気から精神的な病気まで全員何かしらの病名を受けています。

 

まず、母ですが数年前に卵巣癌と診断され、片方の卵巣を切除しました。助かる確率は50パーセントという手術でしたが、今は元気に暮らしています。しかし、いつ再発したり何かの病気になるかわかりませんので大変気になっています。

 

次に祖父ですが、いろんな病気を併用して薬をいつも飲んでいます。特にパーキンソン病を持っていて、祖母もいつも付き添っていて、歩くたびに気にしています。最近発症したため詳しいことはわかりませんが、体が固まり、上手く歩けないことがあるようです。

 

祖父祖母には毎週電話して確認していますが、今のところ大きな問題はなさそうです。しかし、祖父の声が細くなっていくのを聴くたびに少し心配になります。

 

そして、弟ですが現在うつ病と軽度のアスペルガー症候群の診断を受け、障害者手帳を持っています。

 

昔は兄弟揃ってよく、走ったりゲームをしたり、いろんなことをしました。弟が社会に出て、様子がおかしくなり、うつ病と診断されニート状態になった時、母親や実の父親もかなりショックだったことでしょう。

 

本人もかなり苦しんでいたと思います。僕に心配をかけないようにと、病気発症時、昔のままのノリで話をしているのは手に取るようにわかりました。本当は気分が落ち込んで辛かったと思います。

 

そんな弟は1日数時間ですが、現在は働いています。そして、毎日好きなネットでゲームをして、少し仕事をして、という生き方をしています。

 

僕はそういう生き方に対して全く批判しません。これからも応援していきます。

 

今はだいぶうつ病もよくなってきて、電話して話しても昔の元気な頃の弟と全く変わりなくなりました。それが現在の救いです。

 

僕は自由に動けるような仕事ができるのならば、実家に帰って家族の世話をすることができたらと考えています。

 

将来的に、パソコン一台でできる仕事ができたならまず実家で家族の世話をしてコミュニケーションをとると思います。

 

さらに最近は、松田さんの動画の影響を受け家族を大事にしようと強く思っています。そのため、家族一人一人に頻繁に電話するようにしています。特に母には産んでくれたことに対して、何度も感謝の言葉を言いました。

 

このように、最近は休みのたびに電話し、家族の様子を確認しています。

 

-健康問題

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.