プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

健康問題

頚椎損傷で右半身の筋力低下、左半身にシビレ、冬に手足のシビレが酷くなり火傷しているような感覚

投稿日:

私は10年ほど前(20代後半頃)、サーフィン中に海底に頭を打ち付け、頚椎損傷(首の骨にヒビが入る骨折)をしてしまいました。

 

神経にも傷をつけてしまい、直後は下半身がまったく動かない状態とシビレの痛みに苦しみました。

 

その後ありがたい事にじょじょに回復し、金属ボルトで首の骨を固定する手術も受けて日常生活を無理なくおくれるようになりました。

 

ただ、後遺症で右半身の筋力の低下と、左半身にシビレが残ってしまいました。

 

その影響でいろいろな不具合が出るようになっています。

 

・外を歩いていると何もないところで右足を引っ掛けてつまずいてしまう。

・冬になると手や足のシビレが酷くなり火傷しているような感覚になる。

・首がすぐつかれるようになったので、頭を壁などにもたれかけることが必要になった。

・もたれる壁などがないと頭が下がって姿勢が悪くなってしまう。

そうすると胸のあたりが圧迫されて呼吸が小さく詰まるような感じになる。

・偏頭痛が出るようになり、同時に嘔吐するようになった。

・体力や筋力を回復させようとジョギングや筋トレをしたところ、ジョギングによって膝痛と股関節痛を患ってしまった。

・筋トレをして腰痛を悪化させ坐骨神経痛の症状まで出るようになってしまった。

・外に出ることが億劫になりそれから運動をしなくなり体重が増えるばかり。

・気付いたら首に楽な姿勢をとろうとするので、結局ベッドの上で背もたれにより掛かった姿勢で1日を過ごしてしまう日が多く続いている。

 

 

これらは私の無知や計画性のなさ、継続性のなさが招いてしまったことかもしれませんが、今後もこの状態が続いて将来はさらに悪化してしまうと思うと不安で思い悩みます。

 

少しの歪が積み重なり大きな害になっていくようです。

 

現在30代後半ですが、体の状態はすでに老人なのではないかと思ってしまうこともあります。

 

今後また、首の状態が悪くなるようなことがあるのではないか、そのときに対応できる経済的な余裕があるのか。

 

今の現状ではそんな余裕は全く無いです。

 

このまま何も変われなければ惨めで悲惨な将来になることが目に見えています。

 

もともとネガティブな性格なので気分はドンドン落ち込んでいきます。

 

なんとか経済的な安定を得て、健康も心も生活も改善していきたいです。

 

今後も松田豊さんに学ばさせて頂きます。ありがとうございます。応援しています。

-健康問題

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.