プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

いじめ・人間関係のなやみ

新聞販売店のブラックさに嫌気。玄関に居座るなど、犯罪スレスレでまともな人間がほぼいない

投稿日:

いつも、YouTubeの動画で、力を貰っています。コメントで、ハンドルネーム@@@@として参加もさせて頂いております。本当に、松田様の言葉に出逢えた事に感謝しています。この奇跡を無駄にはしません。これからもよろしくお願い至します。

 

僕の悩みは、今の職場の『ブラックさ』と『人間関係』です。職種は『新聞配達員』です。ちなみに@@新聞販売店です。ブラック企業です。今年43歳になる中年男ですが、実は、ブラックとは云え、ちゃんと『会社員』として働いたのは、ここがはじめてです。

 

今までは、京都の実家の父の小さな小さな会社で、スネをかじりながら手伝いをしていました。上京から6年間は運送屋でアルバイト。そして今の職場で5年ほどになります。

 

この新聞配達業界と言うのは、いわゆる『流れ者』『半端者』が集まる業界です。僕はたまたま自宅の近くで働きたかったものですから、嫁が持って来た求人誌で見つけた、徒歩3分という理由だけで就職しました。

 

しかしそこで働く人達は、どこかの町から流れ着き、とりあえず部屋も借りれないから、寮のあるこの会社に来たといった感じで、一見自由に生きているように見えるのですが、軽い、軽犯罪者が巣食う業界なんです。

 

そう言った人達の、あまりに勝手わがままで、自己中心的な行動に、今はほんとに疲れています。いわゆる、『すぐにキレる』『嘘つき』『ギャンブル好き』『傲慢』『自己中』などなど、数えればキリがありません。

 

 ⁃ 金を貸してくれと迫ってくる。

 ⁃ 貸さなければキレる。

 ⁃ 自分の思い通りにならなければキレる。

 ⁃ ギャンブルで負けた鬱憤を他人ではらす。

 ⁃ 人を思いやれない

 ⁃ 暴力的

 ⁃ 問題から逃げる

 ⁃ 責任をとらない

 ⁃ 仕事に責任を持たない

 

こんなものではありません。とにかく勝手な人間ばかりなのです。『会社に一人はいる、勝手な人間』なんて話しは、よく聞く話しですが、この業界、8割がそういう人間なんです。1人じゃなく、8人いるんです。

 

犯罪者も流れてきます。生活保護制度を悪用し、不正受給をしていた者。自分の子供を役所に登録せず、義務教育を受けさせない者。

 

これは、松田さんの教えや、ひまわりさんの教えなどで言われている、成功するにあたっての、義務教育のからくる弊害などで、受けさせないのではなく、単なる保護者拒否であり、児童虐待です。

 

また、薬物中毒者。集金のお金を持ち逃げするなど、まぁ、今まで経験した事の無い事ばかりが日常で起こります。集金持ち逃げは、この5年間で5~6件ほどです。年に一回以上ですね。それに、彼らは自分の都合が悪くなれば、すぐに居なくなります。業界用語では『飛ぶ』と言います。自分の不都合が起これば、何も言わずに『飛ぶ』んですね。勝手です。

 

もちろん会社側も、こういった人間を受け入れるので、従業員に対して、まともに雇用しようとはしません。運営者側も、非人道的になっていきます。使えるだけ使い切り、ゴミのように捨てる。そのような運営な気がします。

 

例えば労働時間でも、拘束する時間は、朝刊時2.5時間~3時間夕刊2時間、営業、集金時間で6時間~8時間集金時期などの忙しい時期になると、1日トータルで14時間~15時間拘束しています。

 

また、そんなピーク時期だと、週に一度も休日も使わなければ、ノルマが達成出来ず、手当も入らないので、サービス出勤をしたりします。

 

また運営者側は、朝刊配達での深夜手当を詐称したり、なんだかんだと理由を付けては、給料から差し引きます。

 

しかし不思議なのが、こういったブラックな運営に対して、『半端者』な彼らは意外に受け入れていて、意外に文句も言わず働いたりしています。ココロの中では思ってるのかもしれませんが、自分に対する『劣等感』や『自己肯定力の低さ』から、これが自分らに対しては妥当だと思っているのかもしれません。

 

そんな事よりも、ズルをして仕事を早く切り上げ、パチンコなどのギャンブルの事しか考えてないような様子です。こういった従業員しか居ない為、運営側がこういった対応になるのは仕方ない部分もありますが、その上に居る大手本社の言いなりでしかない立場もあると思います。

 

本社は自分の手を汚さずに、フランチャイズの各販売店に、汚い事を押し付けています。有名なのが『押し紙』です。実配部数より上増しして紙を取らせます。販売店も本社には抗えません。また、上増しした部数だと、チラシ収入を上増しできるので、販売店もそれを利用したりします。

 

また、営業拡張で使用する商品、いわゆる『拡材』も、無茶なロット数からしか受け入れなかったり、自分の子会社から購入させたりしています。拡張する拡張員も、自分の子会社の社員を使わせ、むちゃくちゃな営業をさせています。

 

そもそも新聞の営業体制自体が、かなり時代遅れ極まりない感じです。本社は、営業成績の良い者を、高く評価します。そして、その者を販売店のオーナーにさせます。オーナーになれば、そこそこの収入は、まだ今の時点では有るので、みんなオーナーを目指します。

 

いわゆるニンジンをぶら下げるのです。オーナー志望の連中は、それを必死で追いかけます。彼らは『半端者』です。どんな短絡的にしか物事を考えません。地道に結果を出すという発想がありません。ですので、無茶苦茶な営業をします。

 

年寄りを狙い、座り込んで嫌々契約させる。若い女の子や学生を脅し契約させる。大量のサービスを約束し、契約させるがサービス品を渡さない。ある程度の契約が貰えればボーナスがでるので、その金を使って無料で購読させる。などなど、どんな手段でも使って、訪問販売をしていきます。

 

町の住人は、そういった『新聞屋』にうんざりしています。普通にドアを開けなくなります。そうしたら、今度は嘘を言ってドアを開けさせます。『郵便です』『宅急便です』と言ってドアを開けさせます。そして玄関に入り、帰りません。犯罪すれすれです。

 

これを、本社は容認し、評価しています。そんな業界です。僕は、うんざりしています。ストレスが半端ないです。今まで、親の稼業、アルバイトぐらいしかしてこなかったのですが、とんでもない業界に入ったと思います。

 

また、こんな連中が主な業界なだけに、僕の様な人間は、『まとも』なんだそうで、運営者側も、『めずらしくまともなのが来た』と、僕を重宝はしてくれてます。ですので、待遇は、連中よりも得をしていたりします。

 

とは言っても、同じ様な仕事をしてますし、彼らのストレスを受ける事は避けれません。

 

松田様、すいません。愚痴になってしまいました。とにかく日常がストレスだらけです。まともな思考回路を持たない者だらけなのです。この仕事は、本当は凄い仕事だと思います。雨の日も、雪の日も配達をし、お客様の声を全て受け入れながらやってます。

 

もちろんマジメな人も居ます。が、8割は『半端者』なんで、マジメな人達は、相当ストレスを抱えています。ここから抜け出したいから、松田様に出会えたのかなと思ってます。

 

応援しています。教材も買って行くつもりです。これからも色々教えてください。よろしくお願いいたします。

-いじめ・人間関係のなやみ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.