私は長男で父も母も障害者。親の事も理解してくれた恋人は心臓麻痺で亡くなった

松田さんも大変ないじめにあっているようですが、私は父、母が障害者のためゆえのいじめはありました。自分の事ではなく、親の事を言われるのが、一番つらかったです。

 

でもそれくらいの事はなんでもないです、ほんとに心残り、後悔しているのは、人をいじめた事です。後にも先にもその人だけですが中学の頃でした、それも女の子です。いま思うと最低です、なにかにつけ、いじめていました。

相手の気持ちは大変つらかったと思います、嫌いなわけではありません、好きだからという事とも違っていたようです。

 

何十年たった今でも思い出します。ほんとうに会えるなら土下座してあやまりたいです、時々思い出します。とてもつらく忘れる事ができません、これは一生続きますし、忘れてはいけない事ですね。

 

私60才独身、結婚経験なし。私の人生で後悔はこれに尽きます。友人みなさん、当たり前に孫がいます。家族があります。皆、会うたびに、家族での苦労話に花が咲きます。

なかには3回結婚した人もいます。そして皆苦労話をします、たいへんだね。でも皆基本・・幸せだよと私はいいます。

 

すぎた日々はかえってきません。勿論、いいお付き合いした女性もおります。結婚前提に親に紹介しあった方も私は長男、母、父とも障害者です、結婚となると相手方は少々引きぎみになります。

 

皆そうでした、でもそのせいというつもりはありません。そこは、自分次第ですから、そういう方でも結婚している人はいっぱいいます。

 

でもやはり自分なんです、普通の家庭とは違います。どうしても親をたてます、ないがしろに、自分だけの幸せで結婚はできない、やはり無意識に相手にもそれを求めてしまうんです。

 

相手の身になってみればわかります、大変なことです。でもその思いが今仇となっています。

 

そんな私にもこの人ならという女性がいました。40を越えた頃ですが、その人は私も親の事も理解してくれ、仕事の上でもとても貢献してくれましたが、その方ともすれ違いからはなれてしまいましたが、またちゃんと話あいたいと思っていた矢先に、心臓まひでなくなってしまいました。人生すべからく後悔です。

コメントは受け付けていません。