不登校で不快にさせる言動のある長女が、自閉症スペクトラムと診断された

私の人間関係の悩みは、娘の長女の事です。子供は3人いて上から男・女・男の順でいます。

 

長女は小さい時としてから手がかかる子でした。何かと我儘や人に対する言動で不愉快にさせる子でした。

 

まあ成長する事で自然と我儘や人を不快にさせる言動も無くると思っていましたが無くなりませんでした。

 

成長する過程の幼児検診で、知能の発達の検査する事があって検査結果の数値にバラつきが有りバランスが悪いと検診の先生が言っていましたが、

その時は特に気にする事無く過ごしました。

 

ただ相変わらず性格に問題があるのかと思うくらい不快に思う時もありました。それから娘が成長し幼稚園に入園して暫く経った時に妻が担任の先生の先生が娘の行動を見て、発達障害の可能性があると言われましたが、その時は自分た達の娘が発達障害の訳が無いと思い普通生活していました。

 

ただ娘が成長するにつれ小学校に通うようになり色々と友達関係で、上手くいかない事や仲良くする友達は性格上問題があるんじゃないかと思う子とよく友達になりました。

 

友達になる子は、大体は娘に対する言動が酷い子達でした。良く馬鹿にされると言ってました。それから娘が小学校5年生に学校に行かなくなり始めました。不登校です。

 

なぜ学校に行かないのか聞いても、初めは中々原因を教えてくれませんでした。学校に行かない理由を聞いて行く中で、きっかけは歌の発表会の練習で娘が1人で歌う前の挨拶を任されて言うのですが、人前で何かを言う事や発表が苦手な娘は挨拶を言う事が出来ず、歌の先生に叱られ、貴方の代わりは要るからと言われ、その事が本人は恥ずかしく元々勉強も苦手で回りのから馬鹿にされる事も有った為、今回の事も学校に行かなくなった原因の1つだと思いす。

 

ただ元々学校はあまり好きじゃない事、人との関わりで色々問題を抱える事も多かったので不登校なったと思います。

 

今回担任になった先生とカウンセラーの先生と相談しいく中で、担任の先生の知り合いが精神科のいるとの事で、1度診察してみる事にしました。

 

診察は今までの娘はの成長過程の話をし、知能テストを行いテストの結果の言語の理解や相手に何かを伝える力が弱く。

 

読みとく力、見て理解する力は平均に届く範囲と数値のバランスにバラつきがあるとの結果でした。

 

精神科の先生が言うには、軽度の自閉症スペクトラムとの事でした。精神科の先生は、私たちにその子の特性として理解していき対象していきましょうとことでした。

 

今回の診察で、今まで私たちを不快にさせていた言動や学校に行かない理由は人間関係や勉強で上手く行かない為と知りました。

 

その子の特性上だと原因を知りましたが仕方ない事だと中々受け入れるのは難しく悩んでいます。

 

私達よりも本当は本人が悩んでいると思いますが将来、娘が生きて行く中で色々苦労すると思うと辛いです。

コメントは受け付けていません。