プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

人生相談や皆様からの応援メッセージ

両親の介護をしている60代。80代の母が認知症、さらに父親にも症状が現れはじめた

投稿日:

私の母親は、幼児期に小児麻痺を発症してしまい
左足が動かず、右足も力が入りません、
幼少期からずっと杖に頼った生活です(2級障害)
そんななか、私を生み育ててくれました、
障害が気にならないくらい、勝発で人の倍働く人でした。

その母も、85才です、認知症発症で、寝たきり
状態、寝返りもうてません、
私も仕事はしなくては生活できませんので、
仕事続けながら、母の下の世話などしていましたが
私も60手前、老老介護です
2年程がんばってきましたが、にっちもさっちもいかない状態、色々相談の上、老人病院に預ける事に
なりました、

ほっとしたのもつかの間、母は、食欲も落ち
点滴にて栄養補給、会いに行っても、私がわかってか、顔を見るといつも泣きだします、
もう母が笑う顔は見れないかもしれません、
そんな状態でも生きていてくれたら、と思いますが
医師から最悪事態での判断(延命処置)も
迫られている状況です。
苦労してきた母、楽にしてあげたい、気持ちと
生きていて、がせめぎあい、結論がでていません、

母は私が5才頃までは一人身でいました、
現代はシングルマザーは当たり前におりますが
当時は世間の風あたりも強く、女性の仕事も
殆どありません、ましてや障害者です、
その状態でも、私に不自由させないよう頑張って
いたんですね、
感謝・・・それしかありません、

今の父は育ての親です、私が5才の頃母が再婚
しました、
父も障害者です、発達障害(3級)
文盲ですが、体力だけは有りましたので、若い頃は
肉体労働、道路工事、建設、土木
なんでもやつてました、
現在80才ですが家計を助けるため、空き缶拾いをしてました、
苦労かけてきた父にそんなことさせたくは
ないのですが、本人は生きがいみたいな所も
あり、そのままにしてました、
近頃は、体力も落ち、殆ど家にいます、

そして父にも認知症が見られ始めました
はずかしいのですが、先日夜遅く、警察官
につれられ、帰ってきまして、どうも
スーパーでパンを持ち逃げしたらしいです
父が障害者である事を、警察官も感ずいていたようで
私にあまり怒らないで下さいと、いってくれまして
その場はすみましたが、
過去には、新聞を持ち逃げ、公園の木を切って
器物損壊、車のアンテナ折って等々、
何度も警察のお世話になってます、

父は歩いてどこまでも行きます、道は殆ど知っており
そのへんのタクシーの運転手にまけません
それだけに、認知症が心配です。

 

 

-人生相談や皆様からの応援メッセージ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.