プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

アフィリエイト

アフィリエイトで稼げるジャンルがありません。中高年で新規参入は無理でしょうか?

投稿日:

先日より、サーバー、ドメインの取得、ワードプレスの導入、ブログの立ち上げと順を追って進めています。アフィリエイトを意識しすぎているのかテーマが定まりません。

 

これでは全く進まないので決めてかかるのは後にしようと、とりあえず書籍のリライトから始めています。

 

ダイエットや自己啓発系の話になるとすでに膨大な量のブログが存在していますしこのジャンルに深入りするとどツボにはまる気がしなくもないので、やはり素直に自分が得意なジャンルで書いたほうがいいのかなと思います。

 

 

デジタルワークステーションと言われるソフトウェアのジャンルでは老舗のDigital Performerというソフトウェアを長年愛用しておりまして、これに関してはけっこうなノウハウの蓄積があるんですが、使っているのは僕と同じような古くからのユーザかプロでも大御所ばかりが使っていて今時最先端で使われるようなソフトではないですし、明らかにシェアが低く、それこそアフィリエイトとなるとどこへどうつなげて良いやらさっぱりです。

 

DTMスクールがホームページのウェブコンテンツでインタラクティブに動画で解説を交えながら配信したり、ソフトウェアのプラグインなんかもじゃんじゃん紹介、解説していますが、単価が高いので同じようにこんなの片っ端から買い漁っていたらお金がいくらあっても足りませんしASPには楽器屋さんくらいしかありませんでした。

 

ではアフィリエイト云々抜きで自分がオリジナリティを前面に打ち出すとどうなるかといいますと「Digital PerformerでHardstyleのトラックを作る」

 

Hardstyleというのはクラブミュージックでも割とニッチなジャンルで、ハードコアテクノとトランスが融合したような割とドギツめな音楽です。

 

キックの音色がとても特徴的で、これを作るのが難しくあまりノウハウも出回っていません。

 

世界的にはそれなりに認知されてますがEDMが大流行りするような日本で流行るようなもんでもなく、クリエータ、リスナー共に拡がりがありません。

 

つまり言いたかったのは「マイナーなものを使ってニッチなことするのが一番得意」だということです。以前お話しさせていただきましたように、長らく発信というものをしておりません。

 

すっかり作る音楽も変わっていますし過去の実績にすがるのは嫌なのでゼロからのセルフブランディングも兼ねて思いついたことがあります。

 

自分の作ったHardstyleのトラックを音作りから全てチュートリアル形式で公開、配信するという方法です。

 

ディアゴスティーニのキットみたいにパーツを組み上げていって一曲完成。もちろんロイヤリティーフリー。

 

DTM初心者ならチュートリアル通りやれば完成するし、腕に覚えのあるトラックメーカーなら素材だけ使ってさっさと自分の得意な手法でリミックス作業に入るし、Hardstyleキックの謎がどうしても解けずに諦めてる人なんかだといい勉強になると思うのです。

 

仮に20人がこれに参加すると20のリミックスが勝手に出来上がることになります。でもこんなのちゃんとアクセス稼げてからやれって気もします。

 

ほんと思いつくことってこんなのばかりでアフィリエイトで稼ぐという話にどうにも結びつきにくいのです。

 

これは一番言ってはいけないことなのですが、ここにきてまたどうしたらいいのかわからなくなってしまっています。

 

マインドセットの不備や不足なのでしょうか?テクニカルな話ではないと思っていますがテクニックを理解すれば解消するのでしょうか?

 

アフィリエイトに関する知識が足りないのも確かです。

 

需要があってコンテンツの質が高く、見ている人の「何か」を解決する記事があってそれが自然にキャッシュポイントに結びつく。

 

なかなかバランスよくはいかないものですね。こう考え始めるとめちゃめちゃ難しいのです。

 

それでコンサル生の方々が実際のところ、どのような心持ちでサイト作りに取り組んでいるのかを知りたくてこのような「悩み」を書かせていただきました次第です。

-アフィリエイト

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.