プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

健康問題

鬱病の副作用がひどく頭痛、吐き気、倦怠感、不安、だるさ、幻覚も。治療をマインドフルネスへ変えた。

投稿日:

こんばんは。「マインドセット」「マインドチェンジ」「マインドリセット」

思考を、変える為には大変に重要であると思います。今後、数年で元号も平成~新たな時代に変わろうとしています。

 

変われない人は、情弱になり取り残されてしまうのではないか?… そんな、不安さえ感じる現在です。私は、松田さんの動画に出会いがなければ… 今の思考はないんです。

 

マインドについて、深く考え 学ぼうという気持ちは起きなかったとはっきり言えます。初めは、宗教?と思ってしまった自分が…今では恥ずかしい限りです。

 

上手い話は、今の世の中 情報時代ならではの 詐欺まがいの情報が「これでもか!」「まだまだあるぞ!」と、とんでもない勢いで飛び交う毎日です。

 

SNSでは、今日も弱者を叩く書き込みをかなり目にしました… こんな冷たいのが、今の日本なのだろうか? 私は、疑問ばかり感じています。

 

私は、現在うつ病による治療を行っております。ただ、この病には完治という概念がないんです。

 

癌などは、悪性部を排除しても再発する事や 定期的な検診が必要とされています。

 

1度なったら、また再発のリスクが高まる訳です。でも、ここが悪性と示唆出来ます。MRIの発達により、早期発見もあります。

 

しかし、うつ病には、いつ治るとかもう、良くなったとか、そういった概念がありません。

 

自分で、通院を辞めてしまう方もいらっしゃいますが、また再発したと…病院を再診される方がほとんどのようです。

私の場合は、内臓疾患によりうつ病だとわかった訳ですが、根底の治療をしていかないとダメだと言われました。

 

やはり、私が1番避けたい (これだけはイヤだな)と思っていた投薬による、治療が一般的な為、投薬による治療を最初の半年程は薬を違うものにしたりしていました。… 3日以上、継続出来た薬はありません。地獄でした。

 

良くなるどころか…副作用がひどく、生きているのか? 死んでしまうんじゃないか?…

 

これでは、治療どころか、おかしくなってしまうと危険を感じていました。

 

錯覚を感じてしまう酷さでした。頭痛、吐き気、倦怠感、不安感、だるさなど… 幻覚もありました。

 

これは、私が経験者としてはっきり言える事!うつ病などに、処方される薬は大変危険です。精神が、余計にボロボロ状態になります。

 

うつ病の方は、薬がないとダメになってしまうのは、副作用による、マインドコントロールが出来てしまい 余計に悪くなる事があるのではないかと私は思います。

 

病院にいく度に、看護師の方に待合室で 薬が足りない!と、訴える患者の方… 目の辺りにしてきました。「ヤバイ!」と、危険を感じました。

 

薬に、支配されてしまっている… 薬は、病を治すというより一時しのぎなだけです。

 

あれでは、中毒症です。病気が、二次被害を起こしているようなものです。

 

私は、医師に抗うつ剤に関しての副作用の疑問を伝え それ以降、一切抗うつ剤などの服薬はしておりません。

 

根本的な、治療方針を変えました。

 

その代わりに、私は心理での自然治療に切り替えています。まさに、松田さんのマインドセットもここに共通しています。

 

私の治療の主体は、「マインドフルネス」を中心とした、辛い状況下を自分自身で楽にコントロール 出来るようになるための学びなんです。

 

まさか、ビジネスで 治療にも効果の可能性がある!(薬事法があるため、個人差あります)

 

素晴らしい巡り合わせだと、実感しています。

 

「マインドセット」です。

 

うつ以外にも、精神的な悩みや不安を常にもっている方!活用して欲しいと思います。

 

私もまだまだ、習得には相当時間が必要ですがマインドセットを活かして欲しいと伝えさせて頂きたくて書かせて頂きました。

 

長い時間薬を飲んでいらっしゃる方は、急に服薬を辞める訳にはいきませんが ぜひ、薬ではなく 自然体で!

 

自分を取り戻せるよう 少しずつ薬を減らして いける方が増える事を祈っています。

 

私は、病は友達だと今は思っています。気持ちの切り替えも大事だと思います。仲良く病と向き合うんです。

 

私は焦らず、一歩ずつ前進していきます。

 

松田さん、大変感謝しています。ありがとうございます。

-健康問題

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.