プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

いじめ・人間関係のなやみ

いじめに遭い、小5の時、飛び降りようとした。万引きをさせられ集団暴力をされたこともあった。

投稿日:

こんにちは。私にとって、何より松田さんからの「勇気」をもらったのが過去のトラウマ、いじめについてでした。

 

私は、家庭の事情もあり保育園は2年しか行っていません。どのような事情なのかは、私も既に母は他界していますし 聞いた事がないためわからないままです。

 

記憶には、鮮明な部分と不鮮明な部分があるため 分かりにくい文章になってしまうかもしれません。ご了承下さい。

 

私のいじめは、保育園から始まりました。年中から保育園に通いました。年中の時は、年下、年上関係なく プールに落とされたり…

 

整列中に後ろから蹴りを入れて来る… 腕を噛まれたり、 先生まで一緒になって カブトムシやザリガニを背中から入れられたり…

 

朝は、今とは違い 途中まで親が送り 途中からは、子供だけでの通学が当たり前でした。

 

朝は、突然突き落とされたり 頭を叩かれたり…イヤで、イヤで 逃げるように、保育園には1番に着いていたのはよく覚えています。

 

保育園の帰りには、川に落とされ… 家に帰ると「何で?こんなに泥まみれ!」怒られた記憶があります。でも、親には理由を言えませんでした。

 

1番の屈辱は、色白の肌であった為 「女、女」と、集団でやじを言われた事です。今の時代は、それを逆に「男の美」のように言われますが、 私は、当時のトラウマから 良い意味で言われても、フラッシュバックが襲って来ます。

 

私は、男の子からはいじめられましたが 女の子は、すごく味方してくれたり 仲良くしてくれたので救われたのかもしれません。

 

女の子と遊んでいると、「女、女」と、やじを言われましたが、女の子が助けてくれるという逆転状態でした。

 

小学生になってからも、やはり同じ町ですから… 引き続きいじめはありました。地区ごとの児童会は、いつも 隅っ子に逃げていました。暴力や、暴言は当たり前でした。

 

「○○のくせに生意気」などと、暴言の方が私は辛かった… 何をしても、何を言っても まるで、漫画で例えたら ドラえもんの のび太にジャイアンが「のび太のくせに」と本当にありますが あれが、現実になっていた訳です。

 

ドラえもんは、居ませんから 助けてはくれません。高学年になると、年上の連中からの攻撃がありました。

 

当時、BB銃で 四方八方から打たれたり、 近所の商店でアイスを万引きさせられたり… (これは、松田さんも同じような事言われていましたね)

 

万引きは、やはりわかるものです。謝りに親と行った事があります。でも、「やらされている、辛い」とは、親に言えず… 親の財布にも手を出してしまう結果になります。 親には、ばれました…

 

「ごめんなさい」としか、それでも言えず… 私は、小学5年の時に音楽室から飛び降りようとしてしまいました。

 

助けてくれたのは、音楽の先生でした。 合唱団でも、お世話になっていました。私は、音楽の先生に何度も勧誘を受けていた事がありました。合唱団に入って欲しいと。 子供の頃から、音楽が救いでよく歌っていたせいか…特技に変わっていたのです。

 

4年~6年まで、ソプラノでした。その先生には、6年までお世話になる事は出来なかったのは残念ですが あの音楽の先生は、何かしら察知してくれていた気が今はしています。感謝しています。

 

あの時、ふらっと飛び降りていたら 今の自分は居なかったかもしれません。

 

友達は、いましたが 、いざとなると助けてはくれませんでした。中学では、また延長戦になります。

 

しばかれたり… 制服盗まれたり こちらが、闘争心で向かっても 怪我をするだけで 何もプラスにならず 悲しかった… 。

 

何でだろう、自分は何かしたのかな…悩みました。泣いてばかりでした。

悪い事ばかりではなく、こんな私に 「告白」をしてくれた先輩や、お付き合いをした同級生もいましたが… 私は、ネガティブでしたから 本当に彼女には申し訳ない事をしたと思っています。

 

今では、懐かしい思い出になっています。中学の時に、色々あり過ぎて 中々語りつくせません。胃カメラも、中学で初めて経験しましたが… 悩んでばかりだったからかな、たぶん。

 

高校では、私も自分を変えて充実した日々を送るつもりでしたが… 自分の気の弱さを、簡単には強く出来ず 無理をしていたのは新しい記憶です。

 

殺されかけた事もありました。思い出せない曖昧な感じになっています。

 

軽音楽、吹奏楽と 音楽はやっていました。それも、仲間がいた訳ですが 今度は、私が陰湿な仲間をハブにするという人格が少しありました。

 

自分を守ることにしか、思考が働いていなかったのだと 今思うと情けないと思います。

 

高校にも行かず、鼻からピアス、舌にピアス… 軽音で、ライブをするとそんな連中ばかりが来る…ビビりながら、ライブに参加していました。

 

そんな中でも、小学生、中学生時代とは違い 電車から引きずり下ろされ 地下に連れていかれ 集団暴力をされた事もありましたが 少し自分が強くなっていて、向かっていく事が出来たので 私が相手を殴り倒す事もありました。

 

心が晴れた訳ではなかったと思いますが… やられっぱなしは、許せなかったんです。高校時代は、彼女も数人できお付き合いさせて頂きましたが、そういった話も、話せる彼女という存在に助けられたのは確かです。

 

謹慎も喰らいました。義父親からは、イスを投げられたり すさまじい家庭内の暴力のトラウマも残っています。

 

私も、問題を起こしていますから自業自得です。進学も考えましたが、早く自由になりたくて 就職を選択しました。会社では、配属部署で初日から家族の事で 今でいう(パワハラ)に遇いました。

 

私も、面接時とは全く様変わりしていたので、目についたのかもしれません。10年勤務しましたが、本当にストレスまみれで退社しました。

 

松田さんに、直接話す機会があれば もっと掘り下げて語りたいと思います。松田さんのお話も動画で、大まかに聴いていますがもっと深い細かな部分を話せそうです。

正直、1人で文章に書いているとなんだか… すみません。まだまだ、マインドセットが出来ていないので しっかり学んで習得します。

-いじめ・人間関係のなやみ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.