脳卒中の夫が前立腺癌になり抗がん剤、放射線治療、ホルモン剤治療で髪が抜けた

Hello松田さん、初めまして。オーストラリアに住んでいる50歳の主婦です。17年前にオーストラリア人と結婚して16歳の息子と14歳の娘と4人で住んでいます。

 

悩みはあるのですがなるべく考えず楽観的に物事をみるように日々の生活をしているので ”悩み”を上手く伝えられるかわかりませんが 宜しくお願いします。

 

1年ほど前にご老人や体の不自由な方、精神的にも生活するのが難しい方へのサポートの仕事につきました。ケアワーカーです。毎日がチャレンジの日々です。

 

主にお部屋の掃除、シャワーのヘルプ、スーパーマーケットや病院へ車で送ったりしています。いろいろな方がいらっしゃいますし、カルチャーの違いもあります。毎日が勉強の日々です。

 

その日は主人が体調がオカシイと言ってきました。左手で物を持っているのに手が勝手に離れちゃうし 離そうとおもっても離せられない・・と。

 

転びそうになったりと・・。当人も私もよく分からないけど緊急病院へ行きました。驚くことに、脳卒中と診断されました。

 

ラッキーな事に彼は話もできて、私の事も分かり、リハビリが必要だけどとにかく一安心。

 

しかしその後の検査入院が長引き、その結果、前立腺がんと診断されました。実は私たちは離婚前提の別居を5-6年ほどしていました。

同居別居ですが子供達にもその旨伝えてありました。

 

それがですね この診断のあった日に私は彼をひとりで死なせてはいけない。私は彼と子供達といる選択をしました。

 

それは自然と湧き出る愛のようです😊

 

その後の抗がん剤、放射線治療、ホルモン剤治療など経て、髪は抜け落ちる、丸坊主にしたりと毎日が笑いと涙です。

 

私はこれが悩みだと思っていません。 リアリティな癌と生きる家族です。

 

日本とオーストラリア癌闘病に対して考えの違いがあるかもしれませんが、私はこの大切な主人と子供たちを更に健康に笑いのある家庭をつくる義務があると思っています。

 

松田さん どうか宜しくお願いいたします。文字数チェッカーが何故か使えません。私の気持ちが伝わると嬉しいです。

コメントは受け付けていません。