胃癌で髪が抜ける、吐き気、舌に苔ができ味がわからない、体重が激減。アメリカで一人。

私は若い時に生まれ育った沖縄を離れアメリカへ結婚してきました。彼はアメリカへ来ると人が変わったようにだんだん妻子を振り向かず友達と朝から晩まで遊びまわり、家へ帰って来るのは毎日夜中でした。

 

彼は仕事を探しても遅刻が原因ですぐやめさせられる状態で、まともに仕事をしません。私はアメリカへ来た当時から彼が私の仕事を見つけてずうと働き続けました。

 

彼は麻薬患者で友達やいとこと毎日のようにそれを手に入れようと探し、そこで遊んで帰りが夜中、又は翌朝にしか帰って来ませんでした。

 

私たちは毎日が喧嘩で子供にも良い環境ではありませんでした。私は彼が働かないので家計を維持するため子供を育てる為一生懸命頑張りました。

 

でも夫は悪くなる一方、私にはここアメリカには家族も兄弟も近くにはおりません。ただただ泣き寝入りすだけで、親の反対を押し切ってアメリカへ来たので何も親に知らせませんでした。

 

あとはとうとうなんどもなんども彼と別居の繰り返しのはて、離婚しました。離婚は崖から飛び降りるような恐ろしさでした。このアメリカでは絶対私一人ではやっていけないと思いました。

 

仕事も近所では奴隷の仕事と言われているところで男性の仕事、車を作る工場で肉体重労働で働きました。

 

工場が閉鎖するまでずうと働きました。計29年車を作る工場で働きました。

 

会社が閉鎖し失業し自殺者も出ました。私がまだ勤めている時、私の弟が危ないと知らせが来て沖縄へ飛んで行きましたが弟は膵臓病で亡くなりました。

 

母がかわいそうで仕方がありませんでした。そのあとまたもう一人の弟が胃がんで亡くなりました。そして母が亡くなり、私はもうこれ以上のストレスは持ちきれませんと。

 

今は私が胃がんになり治療を受けてる時は体がだんだん変化し髪の毛は抜けるし吐き気はするし、口の舌に苔ができ味がわからなくなるし、体重がどんどんみるみる間に減って、私は娘に月曜日までどうにか置いてくれ医者に相談して薬で死にますからと泣いてすがりました。 

 

それから手術で胃を全部取り除きました。其の痛さは何とも言えません。身を裂かれるような。其のあと病院を出て施設に入り100日間そこで歩く練習やらしました。

 

現在は自分の家へ戻って一人で生活してますが 今はどうにか生活はできますが、これから先医療費やら生活をどうしていっていいのか心配でなりません。

 

ここアメリカで一人で暮らしています。これから先だんだん体は弱る一方です。どうにか一人で経済的にもやっていけるようになれたらなあと思ってます。

コメントは受け付けていません。