社交不安障害。集団行動が苦手だが認知行動療法、運動療法に取り組み改善してきた。

子供の頃から無口で、自己開示することが苦手でした。

 

集団行動することも苦手で、協調性のなさをよく学校の先生方から指摘されました。いつも、人に会うたびに緊張して自意識過剰状態になり自分の殻に閉じこもって借りてきた猫状態になっていました。

 

意地悪な人や乱暴な人からいじめられたり馬鹿にされたりした子供の頃やアルバイト時代の嫌な体験が今もたまにフラッシュバックして自分を苦しめてきます。

 

サイコパス気質な人は本当に理解不能で、できる限り接触しないように生活しています。

 

自分に嘘をついて、自分らしさを捨てることを強制的に強いてくる(暴言を吐かれたり人格否定をしてくる上司や同僚ばかりいました)奴隷のような職場ばかり体験して、鬱状態で人間不信になり仕事を辞めて今は休職中です。

 

対人スキルが低すぎるので、嫌な体験ばかりするのではないだろうかと考えて、心療内科の病院に通うことにしました。

 

そこで社交不安障害と判断され、ソーシャルスキルのトレーニングや認知行動療法、運動療法に取り組むことにしました。

 

心療内科のクリニックの先生から、笑顔になることや運動の大切さを知り、不完全な自分を認め不完全でいいので自分のペースで前向きに生きることを勧められました。

 

朝起きて夜寝る規則正しい生活や、歩いたり筋力トレーニングをしたり、思い込みをやめて考え方・とらえ方を変えるようになってから、明らかに以前よりストレスのない健康的な日々を送れるようになったと思います。

 

特に効果があったのは、恐怖感を煽ってくる情報を見ないようにしたり、テレビを見る時間を減らしたり、だらだらとSNSやネット動画など夜遅くまでネットサーフィンをしなくなったことです。

 

やはり時間は有意義に使い、世の中に貢献できることを第一に充実した日々を送れるように精進したいです。

 

ネットビジネスを真面目に学習しながら、自分と同じような困っている人を笑顔に変えるような有意義な情報を発信できるように頑張りたいです。

コメントは受け付けていません。