中年でリストラ!?人工知能(AI化)で失業しそうなアナログ人間です。

時代の移り変わりのお話、人工知能が人工知能を作り出す、いい悪いは別にして「そうなんだ、少し寂しいような」というのが率直な感想です。私は今48歳、昭和44年生まれで家は裕福ではありませんでしたが戦争も知らない、食うには困らない時代に育ちました。

 

松田さんの苦労に比べれば大した苦労はしていません。そして結構、元気な時代だったかも知れません。武田鉄矢のドラマ、金八先生みたいな感じの学生時代でした。いじめもありましたが今のような陰湿ないじめはなかったような気もします。

 

なので、私はどちらかというと人間臭いことが好きです。仕事で仕方なくパソコン作業をしたりネットで調べものをしたりする程度でどちらかというとアナログ的な事が得意な人間でした。

 

しかし、やはりネット社会から全く離脱して生きてはいけないことも解ってきて、今ではインターネットを活用したビジネスをやりたいという考えにまで至ってきました。そんな中でこの初期段階で松田さんと出会えたことは私にとっての最大の引き寄せのように思えます。

 

いくら時代が進化しても人を好きになったり愛したり、信じたり、こういう部分はもちろん大事にしていきたいです。

 

そして「昔は良かった、古き良き時代だった」などと昔を憂いているのではなく、時代の流れに逆らわず新しいものを自分のものにしていくというか先取りしてゆき、それをどんどん世の中の役に立ててゆきたいです。

 

そのためにはやはり松田さんからも伝わってきますが、そういう人格にならないと本当の意味でいい情報も回ってこないという宇宙の法則というか引き寄せというものがあるように思うし、また世の中に、特に弱者に貢献していける人でないとそういういい情報も降りてこないのかも知れません。

 

自分のマインドをしっかりと育てて、ネットビジネスで成功するにふさわしい人間になりながらビジネスに取り掛かろうと思ってます。今回も色々なことに気付かせていただきありがとうございました。

辛いのは自分だけでいい、コンサル生は楽をしていい

 

こんばんは。三日目の動画を観ていたら、たまたまひまわりさんの動画につながってしまいちょっとご拝聴させて頂きました。「つらいのは自分だけでいい」というものでした。

 

ひまわりさんとは優しい声で話していますが話の内容を聞くととっても松田さんに対して厳しい事をおっしゃっているように感じました。「コンサル生にはとことん楽をさせて、でも松田さんはそのために一番苦労をしなければならない」などと。うーむ、本物のリーダーになるにはそんな覚悟、心構えが必要なのだ、と感じると同時にそれに着いて行っている松田さんが凄いと感じました。

 

今の私は松田さんに着いていくのが精いっぱいで、ひまわりさんのお話まで聞く時間を作らないと思います。しかし、ひまわりさんみたいな方をメンターに持った松田さんは間違いないと感じます。

 

人類が幸せで高次元になるには松田さんみたいな方が地球上にたくさん現れることなのかな、と思います。今、松田さんをメンターと慕っている人たちの中からどれだけの人が本当の意味で松田さんになれるのか、松田さんみたいに「自分だけ苦労すればいい」と思える人がでるのか。人が人を思いやる、素晴らしいですね。

 

早く松田さんに近づきたいです。これからも素晴らしい動画、楽しみにしております。ありがとうございました。

コメントは受け付けていません。