プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

いじめ・人間関係のなやみ

統合失調症でお金の管理ができない弟、80歳の母、義母の面倒をみる予定。仕事と介護の両立が難しい。

更新日:

弟が障碍者です。弟は2歳下、もう50歳を越えています。

 

小さいころから親への甘え癖のある子でした。小学校へあがってから、学力がどうも他の子に比べ劣っていることがわかりました。小学校5,6年ともなると、遅れを取り戻そうと、親は塾へ通わせました。が、もともとの理解力に問題があるのに普通に塾に行かせてどうなるものでもありません。

 

私も勉強をみたりしましたが、分数を通分して足し算するなどのところで苦労した覚えがあります。

 

その当時は特殊学級とうのが小学校にあって、普通の勉強についてゆけない子が区別されていました。

 

弟はその特殊学級まではいかないまでも、学力は相当低かったように思います。ただ、遊ぶという事に関しては、いじめられてはいたものの何とか仲間と遊んでいたようです。

 

中学は普通の中学、高校は商業系の高校へ行き、なんとか卒業しました。その後、しばらく家でぶらぶらしていましたが、だんだんとボーとしている時間が長くなり、親が精神科に連れてゆきました。

 

そして、統合失調症とう病名の診断書をもらいました。

 

しばらくは、〇○作業所などという名前の就業支援をするところで作業をしていました。

 

私が結婚で家を出た後、しばらくして妹も結婚して家を出ました。その後、弟は作業見習いのような形の仕事を断続的にしています。

 

今は、クリーニング工場で朝、8時半から15時ぐらいまで働いています。

 

クリーニング工場のことはよくわかりませんが、母親がいうには、夏は相当な高温の中で仕事をするようで、キツイ仕事のようです。

 

実家は、父もなくなり、もう80歳になる母親と弟の二人でくらしており、母親が炊事洗濯すべてやり、弟の昼の弁当も作っています。

 

弟は指示されれば家の仕事もしますが、基本仕事から帰るとゴロゴロしたり、近所の年配の方に付き合ったりして頼りにはなりません。

 

お金の管理などとうていできないので、母親がその辺はすべて管理しています。

 

最近では、腹がだんだんと出てきて、なにか別の病気なのではと、疑うほどになっています。なんとか自分で病院にいってくれればいいのですが。

 

その母親も高齢でだんだんお金の管理がおろそかになって、通帳を電車の中に忘れたり、なにかボケっとしてきています。

 

普段の家の掃除もだんだん疎かにしがちで、ひと月に何度か私がいって、掃除したりしています。

 

母親は捨てることができない性分のうえ、老人の仲間からどんどん古着をもらってきてしまい、片づけても片づけてもすぐに家の中は乱雑になります。

 

私の妻も働かないと家のローンが払えないので、休みの日に実家の手伝いなどいつまでもできません。

 

また、妻は一人っ子で、母親が別居しており、そのうち、妻の母親の面倒もみなければならなくなります。いよいよ介護の問題がまじかに迫っています。

 

弟は一人で生きてはいけないので、そちらの面倒もみなければなりません。いままで、そうした介護のことを考えずにきた自分は、お気楽ものだと思います。

 

こうして、文章にしてみると、本当に自分や家族のことをもっと考えなければならなくなることが、実感として認識されます。

 

現在のような、会社勤めでは、介護との両立は無理ということは明白で、なんとか活路を見出さなければならないのが現状です。

-いじめ・人間関係のなやみ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved.