陽やプラスの方向への道しるべがスピリチュアル、霊、生まれ変わり等の表現なのか?

宇宙は偉大であり、同時に私の心であり、計り知れないくらいの大きさと計り知れないくらいの小ささに対して意識を向けた方に瞬時に移動できますので、一体であるのではないかとの考えがあります。

 

繋がっているとも表現できます。今、私の隣には家族の猫がいますが、目に見える物体にフォーカスしてみると、床と繋がっていますし、目に見えない物体にフォーカスすれば、同じ空気を吸っていますから、空気と繋がっていますし、感情に対して感情が生じますし、気配を感じます。

 

目の前のパソコンも、私のタイピングに対して反応をきちんとしてくれるのです。一般的には物と分類されている存在でも地球上の物質で作られてありますし、地球は宇宙の物質でつくられているのであり、それもまた宇宙だと表現する事ができます。

 

科学では証明できない事も感覚で証明してきた、偉人達の表現がスピリチュアル、霊、生まれ変わり、等の言葉であると思います。元をたどれば宇宙そのものであるともいえます。では宇宙とは何なのか、何の為に存在しているのか、との疑問が出てきます。

 

私の家族の猫はその事を考えているのか。目の前のパソコンはその事を考えているのか。私の視点から判断すると考えていないように映ります。しかし、宇宙レベルでとらえると、逆に答えを知っているのかもしれません。知ろうとする事自体が無意味なのかもしれません。

感情や思考が陰と陽、プラスとマイナスと表現されるように、どんな出来事にも存在するようです。選択を常にしているともいえます。偉人達の残した表現は私の感覚では陽やプラスの分類に入ります。陰やマイナスの分類の表現もあるのでしょうが、あまり認識したくないし、考えたくありません。

 

しかし存在し、必要である要素であるのかと、宇宙の観点でみると受け入れる必要もあるかもしれません。個人の中の陰と陽、個人の外の陰と陽。様々です。その瞬間、瞬間に選択しているのでしょうか?陰と陽のぶつかり合い、引っ張り合い、それ自体がエネルギーを生じているのかもしれません。選択は好みの問題なのかもしれません。どちらが偉いとかの問題ではないのかもしれません。

 

賢い選択をしなくてはいけません。今こうして松田さんの素晴らしい提案を選択できとても幸せです。生き生きとしています。この幸せ、生き生きさ、この感覚が嬉しいです。

 

この嬉しさにエネルギーを与えるため逆の事が生じるでしょう。これも選択なので自由ですが、私はその逆の立場でない事に幸せを感じます。逆の立場の人はそれが幸せかもしれませんし、役目なのかもしれません。

 

陽やプラスの方向への道しるべがスピリチュアル、霊、生まれ変わり等の表現なのかもしれません。

コメントは受け付けていません。