プロミスやアコムなどから借金しFXを購入。レバレッジを高くしポジションがなくなった。

松田様、いつもありがとうございます。私は2002年頃からFXの口座に登録しております。

日韓ワールドカップの間ずっとやっていたわけではなくて、たまに思い出したようにやったり、何ヶ月も画面を開かなかったりという感じですので、実際にはもっと短いです。

 

結果もトータルでマイナスということもあり、未だに勝てるという自信がありません。実際に約150万円以上はマイナスしていると思います。

 

初めて最初の数年は、円安基調がずっと続いていたこともあり、とりあえず外貨を買っておいて、大きなマイナスになったとしても、スワップポイントでプラスになるまで待つ、という戦法で何とか勝てておりました。

 

それで自身がついてきて、「自分はもうこれさえあれば一生食うことに困ることはない、このままお金持ちになれる」と勘違いしてしまいました。

 

そのため、毎月の給料から1万円ずつ口座に入れていくということでは物足りなくなってしまい、サラ金であるプロミスやアコムなどから合計150万円を借りて口座に入金しました。

 

たとえ利子が高くても返してけるという間違った考えからです。今は本当に馬鹿だったと反省しております。

 

その時は、たとえ値動きが自分の思惑とは逆に動いてしまったとしても、毎日入ってくるスワップポイントで何とかなる、とにかくお金が増えていくんだ、という考えに陥ってしまっており、レバレッジも高くしてしまいました。

 

しかしその思惑も長くは続かず、迎えたのが2007年頃のサブプライムローン問題です。初めて経験する突然の円高基調に対応できずに、ロスカットになってしまいました。

 

ある日のこと朝起きて自分の口座を見たときに、5万円しか入ってなく、きれいさっぱりポジションがなくなっている画面をみて呆然として力が抜けてしまいました。仕事に行く前だったので、その日は仕事になりませんでした。

 

そのときになって初めて自分はただ円安基調だったから長くやってこれただけだと思い自信を失いました。サラ金から借りたお金も返済していかなければいけなくなり、毎月の支払いが大変になりました。それからは、口座に残った5万円ぐらいをチマチマとやっています。

 

30円勝ったーとか70円負けたーとかで一喜一憂するやり方です。

 

とにかく長くポジションを持っていることが怖くなってしまったので、すぐに決済してしまいます。値動きが気になり、少しでもプラスになるとすぐに利益確定、マイナスになるとなかなか損切りできずに100円以上のマイナスを出してしまったり。

 

このようなことをやっていますので、一向に資産が増えていくということはなく、毎月数百円ずつ資産が減っていくという状態です。

 

しかし私は、松田さんの動画に出会い、感銘を受け、FXに残っているこのお金は松田さんの教材を買うために使ったほうが自分の人生にとって絶対にプラスになると思い、FX口座から端数の2000円位を残してすべて出金しました。

 

私にとってインターネット上で教材を購入するというのは初めての行為でしたのでハードルが高かったのですが、その選択は本当に正しかったと思います。

 

FX口座は残っていますが、いつの日か「余裕資金」というものができたときには、松田さんのいうゾーン取引というものに挑戦できたらと思います。

コメントは受け付けていません。