チンギス・ハンと源義経は同一人物?2人は背格好がそっくりで登場年代は一致している

いつもメルマガ、動画で学ばさせていただいております。自営業50歳男性です。
 
自分が知っている都市伝説は有名で古臭い話ですがチンギス・ハンと源義経が同一人物説です。
 
義経は平泉で兄である源頼朝の兵によって追い詰められ、自害したとされていますが実は死んだのは影武者で当人は北海道からモンゴルに行き、チンギス・ハンとなりました。
 
それらを裏付ける証拠としては、2人の登場年代が一致していて、背格好がそっくりでお酒が苦手でした。
 
当時モンゴルの弓が小型が主流の中、日本の主流である大型の弓を使っていました。
 
チンギス・ハンはモンゴル帝国を建国した偉大な人物にも関わらず前半生が不明でした。
 
義経は九郎義経の別名があり、チンギス・ハンもクローの別名があった。
 
幼少の頃から父のように慕っていた藤原秀衡の影響で大陸文化の知識があり、モンゴル大陸へ渡ったとされております。

 

 

鑑賞用サンゴを販売したが、仕入先が外国で限りある資源のため売上がなくなった

 

いつもメルマガ、動画で学ばさせていただいております。50歳自営業男性です。

 

自分はインターネットビジネス全般的な事はわかりませんが、自分で おちゃのこネットを介して鑑賞用のサンゴをネット、店舗で販売しております。

 

ネット販売に関しては自分でバナーを作ったりブログを作ったりして運営しております。

 

サイトを立ち上げた当時は、何をどうすれば良いかもわからず手探り状態でした。もちろんアクセス数がなく、より良い物を作るために日々サイトをいじったり些細な事でもブログに投稿したりしておりました。

 

こんな事をやっていて本当に売上げが上がるのかと疑心行脚しておりましたが日をおうごとにアクセス数が上がり売上げも上がって行きました。

 

実際に買っていただいた方が自分のブログで宣伝してくれたりして、専門雑誌に取り上げられるほどになりました。

 

しかし、この数年で今まで入手てまきたのが入らなくなり、それに伴い売上げもみるみる下がって行き、今ではほとんど売上げがありません。

 

物販は在庫を持たなくてはいけない、仕入先が外国、限りある資源等でこの様な状態になってしまいました。

 

松田さんのビジネスはこれらがクリアになっており、更に思考的な事も学べるので共感しております。

コメントは受け付けていません。