デジャブが子供のころ頻繁にあった。私は父親の弟の生まれ変わりでは?

生まれ変わりに関してすごく興味があるというか、私は誰かの生まれ変わりでは?ということがよくあります。

 

特に子供の頃によくそのようなことがあったのを思いました。私は1971年生まれなのですが、1960年代のことが非常に懐かしく思ってしまうのです。

 

よく1960年代の映像とかその時に流行った曲など見たり聞いたりすると非常に懐かしいという感じがします。なぜだかわからないのですが、初めて聞いた音楽でも懐かしく、興味を覚えてしまいます。

 

特に子供の頃にそんなことが多く、親に言うとびっくりされることがいっぱいあったみたいです。デジャブも子供のころ頻繁にありました。

 

初めて来たところも、ここ昔に来たことがある!よく親に言っていたそうです。

 

今はさすがに年齢を重ねているので子供の時みたいに頻繁にはないですが、父親があるとき自分の弟の○○の生まれ変わりなのかもしれないと私に言います。実は、父親の兄弟で父親と年齢が8歳も離れている弟がいたらしいのですが、その弟が私にそっくりだと言います。

 

顔も話し方も父親の実家に行けばおじいちゃんやおばあちゃんがいつも言っていました。その弟は1968年に原因不明の病で27歳の若さで亡くなったみたいです。当時の医学では手が付けられない病気らしく、結婚したと同時に発病し、帰らぬ人になったみたいです。

 

その弟の写真を見たのですが、本当に顔がそっくりでビックリしたのを覚えています。また、その弟がどんな人だったのかと聞くとビートルズが好きでギター片手にフォークソングを歌い、各地を放浪の旅に出るのが好きだったと聞きました。

 

子供のころに聞いた1960年代の音楽が懐かしいという思いはこれだ!と納得しました。子供時代にそんな話をしたことも一切忘れて、私が中学生になり、音楽に目覚めたのもビートルズでした。しかも聞いたことがある曲ばかり!高校・大学になると、一人でプランを決めずに行き当たりばったりの旅をするのが趣味になり、今思えばそっくりと実感しています。

 

全てが生まれ変わったわけではないでしょうが、父親の弟の魂が私に少しはあると思います。

 

今までそんなことがあったことも完全に忘れていたのですが、松田様に相談することにより思い出すことができました。

 

原因不明の病で生きたかったのに生きられなかった無念を私に伝えているのかなと思います。

 

なので生まれ変わりはあると思います。また、霊のことですが、母親が霊感が強く、お祓いまでできるので、いるのが当たり前という環境で育ってきました。ちなみに私は全く霊感がないので見ることもできませんが、その代わり、娘に霊感が強いのが遺伝されています。

 

霊感って強い人がいれば、必ず誰かに遺伝するのを実感します。娘がたまに「あそこに誰かいる!」などと変なことをいうのが怖いです。

コメントは受け付けていません。