原発に批判をした国会議員、都議会議員、東電社員が謎の死を遂げている。

今回の悩み相談で思いついたことは原発についてですね。

 

忘れもしない2011年3月11日に東日本大震災に地震と津波で福島第一原発が事故を起こしました。そこからネットで情報を調べたことがありました。

 

原発は二酸化炭素を出さないからクリーンというイメージを植え付けていますが、二酸化炭素よりも危険なウランやプルトニウムを燃やして電気を作る時点でかなりの狂気の施設だと私は現在も思っています。

 

核のゴミの対策として高速増殖炉を使って使用済み燃料を再処理をして永久機関を目指すが実現のメドは立っていません。

 

そこで思いつきのような増え続けるプルトニウムをウランと混ぜてMoX燃料を燃やすというプルサーマルで稼働している原発もあります。

 

一度事故を起こすととてつもない被害が出る原発を動かすために管理体制などが私にはチャランポランにしか見えないのです。

 

福島原発事故の以前でももんじゅのナトリウム漏れ事故や東海村臨界事故、美浜原発事故など度々事故を起こしています。

 

このように何度となく原発事故を起こしていながら、事故を隠そうとする傾向があります。

 

一度事故を起こすとシャレにならないのは原発に関わる人にとってはわかりきっていることです。だから事故を隠そうとするのでしょう。

 

原発の運用も不可解なことだらけです。原発の建設や清掃には数多くの下請け会社が存在しています。

 

一次下請けから二次下請け….と仕事が孫請け以下に丸投げされてその都度ピンハネをしているという実態です。

 

本来ならば直接雇用することで人件費も抑えられて、実際に作業をする人にも多くの給料をもらえるわけです。

 

これほどの階層の下請けを使う理由も下請けへの責任の所在を曖昧にする目的が見え隠れしているわけです。

 

また、原発に関わった事件も数多く起こっています。その事件に巻き込まれて殺されたり不審死をして命を落とした人も多くいます。

 

原発に批判をした国会議員、都議会議員、東電社員が謎の死を遂げています。そして、原発の現場でも不審死が取り沙汰されています。

 

もんじゅの燃料環境課の57歳の課長が自殺。中国電力緊急対策本部・電源事業本部の男性部長 飛び降り自殺

 

そして、佐藤栄佐久前福島県知事も東電の事故隠し問題が発覚した時に再稼働に反対したため、建設会社の収賄事件で逮捕されました。

 

原発はあらゆる角度でダーティーな一面があって原子力に関わる人たちが日本の中枢に存在してます。

 

電力会社、官僚、国会議員、大学、マスコミの中で原発を容認して原発を批判する邪魔者を排除しようとしています。

 

もはや原発はどうこうできない大きな力が働いている存在となっています。

コメントは受け付けていません。