突発性難聴になった。寝汗をかくほどの熱、耳鳴り、低音の響くような声が聞き取れない。

生れつきでコンプレックスというより深刻になってきたのが、アトピーなのかそれとも別の病気なのか分からなくなってきているのがあります。

 

性器が非常に痒くなり、さらにカサカサな上に皮が張って毎回掻き毟って、しばらくヒリヒリした状態になってしまうことです。

 

初めはアトピー体質である事もありステロイド系でない方法で治療していました。そして、性器以外の部分は今も綺麗なままですし、痒くなることもありません。

 

しかし、成人以降もこの性器だけは毎日ではないのですが、少なくとも月に2,3回は痒くなる日があり、直ちに少し湿らして赤ちゃんにも優しいサンホワイトという軟膏で収まる時もあれば、間に合わなく無意識に掻いてしまう癖もあり、未だに治らないので、甘いものを控えたり、別の病気である可能性も探りましたが、はっきりした原因がわかりません。

その他、先天性ではないのですが、原因がいまいち不明なのですが、先日、突発性難聴と診断を正式に受けました。

 

自身で思い当たる事としては、仕事を変え、夜勤仕事があった次の週で、風邪でもないのにその夜、寝汗をかくほどの熱が痕跡から出たらしく、朝起きた時には耳鳴りが鳴り出していたことです。

 

また、左肩甲骨下辺りに張りというか違和感が出たのもこの時期なので、臓器に何らかの異常があるためと考え、内科にも今週中に行く予定です。

急な生活習慣が祟ったのだろうかと自身では思っています。

 

また、病院に行って実感したのはこれだけ医療が発達しているにも関わらず、耳に関しての病気が不明な点が多いらしく、発症してしまったら、治療法が限られ、しかも治る確率1/3で、発症から治療に入るまでが長いと治らないという話を聞き愕然としました。

 

この病気は会話に支障をきたすため仕事をやるにしても死活問題です。

 

現状ある程度近くで、明瞭な声であれば聞き取れるのですが、重低音というか、低音の響くような声の方ですと、大きい声でもこもるようにしか聞こえずはっきりと聞き取れないのが現状です。

 

先週、漢方薬で突発性ではないものの、難聴が治った記載を発見し、そのやっている薬局が少し遠くですが行ける範囲であったので診断してもらい3種類の漢方薬を購入しました。

 

すぐには効果は得られないとのことで、何か月、または、1年、2年を要する場合もあるそうです。今は病院で出る薬と漢方薬両面で根気よく飲み続けるしかないようです。もし、これより勝る情報あれば知りたいです。

コメントは受け付けていません。