新興宗教にマインドコントールされていたが、牧師さんと家族のおかげで脱出できた

メールを読んでいて、肩の力がどんどん抜けていくのが分かりました。認知症の実母と同居して、まだ軽度だろうと思いパートの仕事をしました。知らずのうちにストレスを溜めていたようで仕事のために外出するのですが、家に帰りたくなく、寄り道ばかりして、数時間の仕事なのに、母を一人にしておく時間が多くなり、淋しさから認知症がすすんだようになり、結局半年で仕事を辞めました。

 

介護の仕事をしていたこともあったので、介護疲れはやり過ごせるだろうと過信しているところがありました。仕事で介護をするのと、実母を介護するのは全然違いました。仕事を辞めて、2ヶ月しか経っていないのにイライラしてしまうことが多かったり、母に対する態度がぶっきらぼうで偉そうだったりするようになってしまいました。

 

私の都合を考えず、自分の思いを何回も何回も訴えてくる、そして母の言葉の端々に「子供が親の介護するのは当たり前。我慢して私の話を聞きなさい」というふうに感じてしまい、そんな母に対し反発する事が多くなりました。私は三人姉妹の三女で、近所に次女が住んでいますが、私が用事があるときは姉の仕事の都合で、2週間前までにお願いすれば看てくるますが、それ以外は当てになりません。

 

長女は遠方に住んでいるので、こちらも当てに出来ません。そして、母は私が姉達より優しく、色々と甘えやすいとも言います。最近は、「なんで私ばっかり」と言う気持ちが多くなってしまいました。

 

私は若い頃、新興宗教に入ってしまい、家族、親戚、牧師さんの協力があり、マインドコントロールから脱することが出来ました。とても迷惑をかけました。両親、姉達、お義兄さん達、親戚のおじさん、姪っ子(心の癒しでした)、牧師さんにとても感謝しているし、新興宗教から抜けられて心の底から良かったと思っています。

 

このことから、父の介護は母がしてくれましたが、母の介護は私がしなきゃ。それが、新興宗教から脱出させてくれた家族への恩返しだと思っているところがありましたでも、この考え方が最近辛くなってきました。

 

このように考えていると、私は新興宗教に入ってしまってマインドコントロールされ、家族の協力の下マインドコントロールから脱出できたと母が亡くなるまで潜在意識の中に刻み込まれてしまっているのではないか。私が、新興宗教に入ってしまった引け目をいつまでも持っているから、辛いのではないか?という考えに至りました。

 

仕事に行くことが好きでない私が、母の認知症がすすんだことで、仕事を辞めることは葛藤はありませんでしたが、収入面で、余裕があるわけではないので、(主人はまじめに働いてくれています)自分の好きなように働き、趣味も楽しんでいる姉達に対して、嫌気がさしてしまうことがありました。母が死んでほしいわけではないけど、いつまでこの生活が続くのか…と思ってしまっていました。

 

在宅でネットで稼ぐことが出来るのかと思い、松田様のYouTubeを切っ掛けに、松田様を知ることになりました。松田様のお話を聞けば聞くほど、今日のお話にもありましたが、「ベストチョイス」だと思っています。お金の問題を解決しようと思って、松田様を見つけたのが切っ掛けですが、松田様のお話はどのお話も奥が深く、いつの間にか、自分自身の深層心理に響き、母の介護の問題も解消していけそうです。

 

母の介護に対して、認知症の状態でも出来ることは自分で出来、明るく楽しく生活していく。という風に潜在意識を変えていきます。そして、私の実家で母と同居してくれている主人に感謝すると同時に、経済的な負担を一人だけに背負わせないよう、私もネットビジネスを始める決意をします。

 

テレビは見ないし、宇宙や、スピリチュアルな話が好きな私は、このような話を出来る友達はいません。主人は聞いてはくれますが、興味がありません。一度、結構仲がよいと思っていた友人に当時見ていたブログを紹介したところ、嫌われてしまいました。

 

そんな経験から、宇宙、スピリチュアルの話はしないようにしていたので、松田様を知って、成功しているお金持ちの方(松田様)で宇宙、スピリチュアルの話も詳しい方がいて感激です。

 

松田様を中心としたグループがみんな幸せになることを祈ります。長くなりすぎてしまい、まとまらなくなってしまいました。松田様が、このような活動をしてくださり感謝です。いつも、本当にありがとうございます。

コメントは受け付けていません。