身長が低いコンプレックスがあり高身長の男性より何かが劣っている錯覚に陥る

こんにちは。35歳、自営業の男です。私は昔から人に容姿をいじられる事が多かったです。それが原因でイジメにもあったと言うよりは、イジメやすい対象だったので容姿をいじられる事が多かったのかもしれません。ほとんどが小学生の頃の話です。

 

目が大きかったので当時ブッシュベイビーと言うあだ名を付けられいじられた事をよく覚えています。目に関しては自分の好きな部分だったのでイジメと受け止める事はなかったです。逆に可愛いあだ名サンキュー程度ですが、その他の容姿についてはかなり傷ついた事を覚えいています。

 

眉毛が濃く、つながっていたので、ゲジゲジ、キモイや修学旅行で体毛がそこまで濃くないのに、あそこの毛が・・・などです。自分では普通だと思っている、足の長さを短いと言われ、短足と言われた事もあります。中学に入り、私をいじっていたグループのリーダー的な人間の容姿が全く同じ事に気付きました。

 

自分をいじられたくなくて、必死で私を馬鹿にしていたのだと気付きました。人を犠牲にして自分の身を守る事に必死だった様です。このような事は社会にでても良くあることなので、この経験がよく役に立ってます。他人をいじる、馬鹿にしてくる=その人間のコンプレックスと考えるようにしてます。

 

私も身長が低いというコンプレックスがすごくあります。私と同じ様な人や逆に高身長の人をいじったり、馬鹿にしたりする事はないですが、身長の高い人間を見るとやはり目がいってしまします。男性であれば、何かが劣っているような錯覚に陥り、あまり横に並ばないようにしたりします。

 

女性であれば、まず近寄らないですし、より一層自分の低身長を意識してしまいます。ですが、周りは私にそこまでの興味もなく、見ていないという事実です。

 

所詮は自分と向きえるかなのだと思います。どんな方でもコンプレックスを持っていると思いますが、「世の中の人は私に興味はない」と思って生きるのが楽だと言う結論に今は達しています。

 

ありがとうございました。

コメントは受け付けていません。