強烈にイジメられた事もあるし、イジメた事もあるので、両方の気持ちが分かる

こんにちは。35歳、自営業の男です。まず最初に私は強烈にイジメられた事もありますし、強烈に人をイジメた事もありますので、両方の気持ちが分かります。私がイジメられるようになったのは、小学校1年生の時です。

 

当時、通学団で通っていた時の上級生達(小学校3年生~5年生の4人)からのイジメでした。生意気とか、その程度の理由から最初は軽くランドセルを蹴られたり、帽子をとられたりする程度でしたが、徐々にエスカレートしていき、擦り傷や打撲程度の怪我は日常茶飯事になり、最終的にはランドセルが破れ、壊れるくらいの集団リンチのような感じに合いました。

 

今では考えられないと思いますが、学校に相談しても何もしてもらえる事もなく、絶える日々が2年程続きました。やり返さなかった理由は戦争経験者である祖父から教えが大きかったです。

 

「いかなる時も暴力では何も解決はしない!戦争がそれを証明している!」という事をよく言われていたので・・・負けるのは絶対に嫌だったので、これだけのイジメに合っても学校へは休まず行き続けました。私が小さいながら考えて、反抗する手段がこれだったと言うだけで、イジメで学校に行きたくない人は行かなければいいと思ってます。

 

その後、2年生で引越し(イジメとは関係ないです)で転校し、少しはよかったのですが、4年生の終わり頃からまたイジメに合う様になります。通学団の上級生に棒や傘で殴られる程度から始まり、同級生からは椅子や上靴に画鋲を入れられ、服を便器に入れられ、窓から宙吊りにされたりなどなど、6年生の初め頃まで続きましたが、無視を続けていたせいか自然となくなりました。

 

小学生の頃はイジメと母親のスパルタ教育で本当につらかった事を今でも覚えています。母親は中卒で苦労した様で子供には・・・とかなりのスパルタ教育でした。私の唯一出来る反抗は学校に行く事位だったので、小学校の6年間は1日も休まず通い続けました。

 

中学に入学すると、また先輩からイジメに合うようになりましたが、中学一年の夏休み前に遂に大爆発してしまい、私をイジメていた先輩グループの1人に大怪我をさせる事になります。

 

分かっていた事ですが、この時、誰も私の今までの事情は聞く事はなく、一方的に責められた事をよく覚えています。これを期にスパルタ教育の反動もありドンドン深みにはまります。

 

これ以降、私はイジメに合う事はなくなり、逆に今まで私をイジメてきた人間を片っ端からイジメたり、仕返しをする様になりました。ここには書けない事を平気で行ってました。感覚が完全に麻痺していたのだと思います。高校に入りイジメをされる事もする事もなくなりましたが、かなり酷い生活と中学の頃の事が災いして、夜道や学校、娯楽施設などで何度か襲われる事になります。

 

最終的には夜道で後ろから誰かに刺されました。(犯人は不明のまま捕まってません。)

 

この時、祖父に言われた言葉と当時、祖父母が私の顔を見る度に言っていた「どんな形でも必ず自分に返ってくる!」と言う言葉が身に染みました。

 

これ以降、私なりに考えては生きて来たつもりです。両方経験した私のイジメに対する考えは、加害者でも被害者でも全ては自分次第という事です。

 

ありがとうございました。

コメントは受け付けていません。