マクロビオティックスや無農薬野菜や無添加のジュースを高額だが購入していた

自分は常に眉間にしわを寄せた表情をしていることです。そのために今まで多くの方々から、体調が悪いのかと声掛けされることが頻繁にありました。自分的にはいたって普通なのですが、そのせいで男上司からは生意気と思われて、わざと大勢の職員の前で「お前名前なんだっけ?」と激しく怒られることもありました。

 

この癖を治すために夜寝ている間に眉間のしわを伸ばすために絆創膏の切れ端を張ったり、サージカルテープを張って解消しようと努力をしています。

 

またこの時期熱いホットドリンクを飲まずにいられないので、いつも水筒にはコーヒーを500ml入れて飲んで、なくなってはまた作って足して飲み干しています。それだけでお腹がいっぱいになって頻繁にトイレにもいかなければいけないので、何とか改善しようと思っていますが、辞められないですね。タバコをやめてからは、非常に口元寂しいので、コーヒーが手放せなくなりました。

 

また一時期は、自分の気に入った飛行機のプラモデルがあったのですが、少しでも傷がいくと、客観的に見ても十分新品同様なのですが、気になって仕方なくなって同じものを新たに購入してしまったり、脅迫的なこだわりがあるようにも思いました。それで現在は、そんな自分を自戒して歯止めをかけて、気にしないようなマインドセットを自分なりにしています。

 

多種多様な背景を持つ人たちと関わって生活したり、仕事をしていく中で色んな大変な状況の中で頑張っておられる他人の姿をみて、自分をある程度変えることが出来るようになった気がします。

 

一時期は口に取り入れる食品の構成素材が気になってマクロビオティックスや無農薬野菜や無添加のジュースを高額にもかかわらず日常的に購入していましたが、あまり脅迫的になってしまうとこれまた精神的によくない状態だと思い、ある程度なんでも食べるようにしました。

 

しかし、大食いするという意味ではなく、人との付き合いで肉も魚もデザートも食べる場面に出くわしたときに気にせず食べるようにしています。

 

それで前日に食べ過ぎたと感じる日には、翌日にゼリーだけで過ごしたりして、胃もたれしないように体調管理をしていますので、傍から見れば極めて少食でかなりの変人だと思われているようで、よく宗教か何かで食べないのかと聞かれます。

 

自分的には無理して食べて体調壊したくないので、食べないだけなのですが、変わっていると言われます。

 

自分的には食べ過ぎる周囲の人が普通ではないと感じるんですが、彼らからするとこちらが相当変わっているように映るみたいです。

コメントは受け付けていません。