幼少期からナポレオン・ヒルやマーフィーの法則を読んだ。周波数(波動)と引き寄せの法則で夢を実現

個人事業主の30代の男性です。私は両親の影響もあって、家に自己啓発本やスピリチュアル系の本が数多くあり、幼少期より、ナポレオン・ヒルやマーフィーの法則などを読んで、目に見えない世界への憧れや信頼を持っていました。

 

そういった幼少期を過ごしたため、何でも思い通りになると当たり前のように思っていました。自分が成長するに連れて、当たり前だと思っていた考え方がどうやら、一般的ではなく、人前で話すと変人扱いされてしまったり、馬鹿にされたりした経験があります。

 

私は、いつも感覚で動いていたので、クラスメイトから遊びに誘われるけれども行きたくないときは平気で断ったり、仮に遊びたくて友達と一緒に遊んでいても帰りたくなったら勝手に帰ったりしていました。

 

こんなに自由に振る舞えていたのに、成長するにつれて人との付き合い方や、常識的なやり取りや行動をとらざるを得ない環境の中で人生を思い通りに生きるのは難しいと感じるようになりました。

 

社会人になってからも、理論的に計画を立てて、忠実に行動して、確実に結果を出す。といった自分を徹底的に管理していくことが苦手で、入社した会社も8カ月で退社し、鬱になって引きこもりました。

 

その期間は、本を読むことだけが唯一の生存目的になり、(活字を見ることすら苦痛だったのですが)どうせ死ぬなら、もう自分のやりたいことだけやって、それでダメなら死のうと思いました。

 

その時に知ったのが、周波数(波動)と引き寄せの法則でした。私は、引き寄せの法則というキーワードから松田さんの動画を拝見させて頂き今こうしてこの文章を書いています。

 

私はこの『類は友を呼ぶ』のような、同じ波動のものが引き合う理論が、心底腑に落ちてその当時、自分ができないことを無理やりにでも、自分にさせて波動が下がった状態でそれに見合った状況を引き寄せ続けていたことに気が付きました。

 

それから、徹底的に自分の感覚を敏感に感じるようになりました。今何がしたいのか、どうしたら心地よいかを自分に徹底して聞くようになり、どんな小さな『やってみたい』でも叶えてあげるようにしました。

 

例えば、散歩したい、お風呂に入りたい、朝からビールが飲みたい、ゲームしたい、今寝たい、携帯新しくしたい、といった自分のやりたいを徹底的に叶えていきました。

 

それに加えてやりたくないを徹底的にやらないようにしました。例えば、仕事探しはしない、食べたくないものは食べない、行きたくないから人からの誘いは断る、アファメーションやりたくない、感謝や天国言葉を言える心の状態じゃないから言わない、クリーニングめんどくさいからしない等

 

お金がなくても、クレジットカードを使ってゲームを買ったり、その時欲しいものを買ったりしていました。(どうせうまくいかなかったら死のうと思っていたので支払いのことなど関係ありませんw)

 

そんなやりたい放題やっていたらすっかり鬱も治って、やりたいことがたくさん出てきて、無職の自分に仕事の話が勝手に来たり、海外旅行行きたいと思っていたらオーストラリアに留学することになったり、留学先で就職が決まり、住むところも用意してくれて、そこにはプール、バスケットコート、テニスコートもあって、自由に使える車があったら良いなと思っていたら3台も車を自由に使えることになったり、奇跡のオンパレードでした。

 

自分がやったことは今やりたいことだけをやって、やりたくないこと、苦手なことは徹底的にやらない。ただこれだけでした。自分が自分の内側の願いを叶えていたら、外側の世界が自分の願い通りになっていきました。表裏一体でした。

 

 

自分の波動を上げることだけに専念していたら、願う前に叶うというか、『そうそうこんな感じが最高だよね、ありがたい、うれしい!』ということが勝手に起こるようになりました。勝手に感謝が湧き上がるようになりいつもありがたいなぁって感じるようにもなりました。

 

今私の引き寄せの感覚は、こうしたいなという思いが出てきた時点で今叶っていなくても、既に叶っている(叶うことになる)確信が持てます。

 

既に叶った未来があるから、今こうしたいという発想にいたっているという、今と未来が同時に存在している感覚です。つまり、未来から今に情報が流れて来ていると感じていて、あとはそのワクワク感や、今これやりたいをただ辿っていくだけでその未来が勝手に今になっていくみたいな感覚です。

 

この辺で一区切りしておかないといつまでも書いてしまうので終わりにします。

コメントは受け付けていません。