プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

いじめ・人間関係のなやみ

人間関係を職場でも学校でも上手くやっていくのはしんどくて苦手。ストレスを感じる

一番古い記憶の中では、保育園でずっと仲が良かった女の子に小学校に上がったとたんに嫌がらせをされたことがありました。あまり細かくは思い出せませんが、ウワサを流されたり、何かを自分のせいにされた事がありました。

 

あの時はたしか、「先生に呼ばれて〇〇をしたのはあなただと言っている人がいるのだが本当か?」的な事を聞かれた覚えがあります。身に覚えがまったく無かったので、その通り答えました。

 

それから長引くことなく嫌がらせは消えていきました。当時、先生も信用してくれたのと、その子とはクラスが違ったことが大きかったのだと思います。

 

そこまで大きくはならなかった出来事でしたが、今でも覚えているので、自分の心の中ではまだひっかかりがあるのだと思います。ただ、今思い返してみても全くその子に嫌われた原因がわからないです。

 

一番仲が良いと思っていたし、親同士も仲が良かったと記憶しています。無意識に不愉快な気持ちにしていたのかもしれないと思うと、友人関係って難しいなと思う始まりの出来事だったと思います。

 

学生時代もグループに属し続けるために自分を作り続けていました。なので特別いじめを受けることはありませんでしたが、当時のことを思い出すととても疲れます。

 

学生時代をやり直したいと思うことはありますが、絶対に戻りたくない世界だと思います。みんなから外れないようにと精神を削りながら生活していたので、周りのことを気にする余裕が無かったです。

 

働き出してからは、上司に目をつけられ、数年間居心地の悪い状態で働き続けていました。他の場所でも使える技術や専門知識が無かったこと、その上司以外は苦手な人もいるけど良い人もたくさんいる、今辞めても次の職場でまた似たような状況になるのではないかと思い、なかなか辞める勇気がありませんでした。

 

数年後に同じ職場での環境が変わってからだいぶマシになりましたが、その上司に対する苦手意識は強かったです。同じ事をやっても、誰にでも気に入られやすい人とそうでない人の違いってなんだろうとよく考えていた事を思い出しました。

 

相性にもよるのかもしれませんが、人に好かれる人は割と誰にでも好かれる魅力があるんだろうなと思っていました。それと同時に自分はそっち側の人間ではないのだろうという現実もよくわかりました。

 

その後職場を変えてからも感じることは、やはりどこでも心の余裕が無い人が多いのだと感じます。自分自身もそうです。人間関係を上手くやっていくのは本当にしんどいなと思います。

-いじめ・人間関係のなやみ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2020 All Rights Reserved.