いじめ・人間関係のなやみ

知的障害の男性をいじめて楽しむ上司がいる会社(工場)を一日でも早くやめたい

投稿日:

私のいじめについてのお話ですが、それは、今現在勤めている会社で起きている出来事です。私は今の会社(工場)に入社して約20年ほど経つのですが、私が入社する前から働いている知的障害の男性の事です。

 

今でも覚えているのですが、私が入社した当日、彼の事を上司が「こいつ! 養護だから!」と私に言ったのです。私は「えっ? 養護?」と意味が理解出来ませんでしたが、彼の様子がなんだかおかしいことに気づき、「そうか!養護学校に通っていた子だったんだな」と思いました。

 

私は小学校や中学校に通っていた時に知的障害者の子と接していたので驚くことはありませんでした。しかし、明らかに上司はその知的障害の彼を馬鹿にし、見下していました。

 

まるで、自分の奴隷のように扱いイライラしているときには八つ当たりをしているのがわかりました。上司のそういう接し方を見ていたせいか、他の一部の従業員もこっそりいじめるようになりました。まさしく負の連鎖です。

 

若い人が多かったので、みんな、面白半分でやっていたのかもしれません。からかうと反応が面白いのでストレス解消にはもってこいだったのかもしれませんね。

 

さすがに殴る蹴るまではありませんでしたが、まるで小学生のいじめのようなことが日常的に行われていました。

 

私は内心は可哀想だなと思ってはいましたが、仲間はずれになるのが怖くて、注意することも出来ませんでした。見て見ぬふりをしたり、ときには一緒になってからかったりもしてしまいました。

 

本当に情けなくて、いつも罪悪感でイッパイでした。私は、一体いつまでこんな日が続くのだろう?と毎日、毎日自問自答していました。そんな日々が続いていましたが、その意地悪をしていた人たちも一人、また一人と辞めていき、気づけば彼へのいじめはなくなっていました。

 

その後、入社してきた人は高齢の方ばかりでおだやかな方が多く、ときどき冗談でからかうことはありますが、昔みたいなひどいいじめはなくなりました。

 

ただ、上司だけは昔から相変わらず彼をいじめつづけているのです。知的障害の彼は私と同い年です。私も40才を過ぎてから体がだいぶ衰えてきています。

 

彼も以前のようには体が動かないのか最近では仕事でのミスも増えてきました。体の衰えも普通の人よりも進行が早いのかもしれません。上司はそれをかばうどころかミスを吊し上げ、罵倒し、ときには暴力も・・・

 

おそらく、上司のいいストレス解消の的になってる感じです。怒られると彼もパニックになり、気が動転しておかしな行動をするのを見て楽しんでいるのでしょうか?本当に見ていて毎日辛いです。

 

仕事がイヤというよりもこの環境が私にとってかなりのストレスになっています。上司さえ心を入れ替えてくれればまだ、少しは楽しい職場にも思えるのですが、おそらく上司は今後も変わらないでしょう。

 

私の今の目標は1日でも早くこの会社を辞めることです。その為にもこれからも松田さんから学び続けます。読んでいただきありがとうございました。

-いじめ・人間関係のなやみ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.