プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

生まれつき・コンプレックスの悩み

妹は両親の不仲が原因で不良になり統合失調症で苦しんでいる。父の不倫で家庭崩壊し許せない

こんにちは。私は自分が話をした最後に笑う癖があります。いつからそのような癖がついたのかは定かではないのですが、会社の先輩に指摘されてから、確かに会議などでもそのような癖があるのを最近自覚するようになりました。

 

おそらく自信がないからなのでしょうか。緊張を和らげるためでしょうか。真剣な内容の話をしなければならない場においてそのような癖が出やすいようです。場が和むというメリットもあるようですが、確かにICレコーダーで録音して聞いてみると、違和感があります。

 

しかし考えてみれば、本当に真剣なときには笑いませんし、厳しいことを言われたりしたときには、顔が引きつったりこわばったりします。やはり傷つくことを恐れているから、それを回避またはごまかそうとしているからなのでしょうか。昔はそのようなことはなかったのですが。

 

もうひとつは独りごとです。これはあきらかに前部署でパワハラを受けたことを発端に、今でも何かの切っ掛けで怒りがこみ上げてきたときに、攻撃的な言葉を心の中でつぶやくのみならず、自然と口に出してしまっています。

 

最近では、子供に独りで何をブツブツ言っているのと言われる始末です。これってあきらかにうつ病の症状ですよね。機嫌が良いときにはないのですが、やはり仕事のことや、将来の不安が襲ってくると、テンションが猛烈に下がるとともに猛烈に攻撃的になります。

 

自分が怒りそのものになってしまって客観的に自分を見ることができません。正直苦しいです。そのような攻撃ほど徳がなくなるのはわかっているのに。

 

ただ私にとっての一番の不安のもとは、根底にある親への不信感と思います。

 

私の家族は父親の不倫が原因で家族は崩壊しました。これはあくまで最後のトリガーであって、それ以前から両親は不仲でした。そして私の妹は両親の不仲が原因で所謂不良になり、現在は統合失調症で苦しんでおり、人生を棒に振っています。

 

私はそこそこの年齢になっていたので回避できましが、妹は直撃です。私には妹をこのようにした父親のみならず母も許せませんし、何に一つ手を差し伸べてやれなかった自分も呪っています。

 

自分のことで精一杯で。両親は世間体を気にして離婚はせず別居生活をしており、お金でつながっています。母は妹の面倒を、父は独りで生活していますが、私も大人になりなんとか修復をと試みましたが、やはり人というのは、ましてや親の心を変えるなんてことは不可能だと思い知りました。

 

親はいずれ順当にいけば先に死んでいきます。私にはおそらく統合失調症の妹の面倒をみなければなりません。いや見たいと思います。そのためには経済的な自由を得る必要があります。

 

特定の職場に縛られているわけにはいきません。なんとか少しでも実現してそのときに備えたいと思いますので、どうぞお力添えをお願いいたします。

-生まれつき・コンプレックスの悩み

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2020 All Rights Reserved.