心の病はアダルトチルドレン(ACOA)が原因。アルコール依存の親から虐待などのトラウマ。

私は幼少期、少し複雑な家庭環境の下で育ちました。複雑と言っても養護施設に預けられていたわけではありません。片親の下、経済的に困窮した環境で育ってきたわけでもありません。

 

両親は共に健在で、二人とも公務員。鍵っ子でしたが経済的には恵まれた環境の下で子供時代を過ごした。こう書くと、他所からみれば何の変哲もない、普通の家族という風に思われるかもしれませんが、実際の家庭内はめちゃめちゃで、まだ物心つかない幼い私にとっては過酷な環境の下で育ったと言わざるをえません。

 

私の父親は市の役所で市民税を管理する部署の公務員として働いていました。真面目に働き、家にはきちんとお金を入れてくれるそんな父親でしたが、内気で人付き合いは苦手なところがあり、仕事でストレスが溜まると酒を飲み家族に当たり散らす、時には暴力を振るうことがありました。

 

休みの日は朝から酒を飲み、支離滅裂なことを言い出し大声をだす。そして母親への暴力、幼い弟二人への暴力、私自身も何かと難癖をつけられては暴力を振るわれる、といった劣悪な環境に家族全員が怯えながら暮らす毎日でした、

 

アルコール中毒で酒乱、わたしは幼少期の頃、そんな父親からの度重なる暴力に怯え、酒で狂った父親の情けない姿を目の当たりにしてきて、家族皆の精神状態がおかしくなっていった過去を今でも忘れることができません。

 

そんな家庭環境の中で育ってきた私自身も、父親と同じく人付き合いは苦手で内気な性格です。学生時代も社会に出てからも人間関係においては未だに苦労しています。

 

特に自分に対して高圧な態度に出てくる人間には過敏な反応してしまい生理的に受け付けなくなります。それは幼少期に体験したことが負の影響として未だ残っている、父親から受けた暴力と威圧的な態度がトラウマとなっているのだと思います。

 

どうして自分は人間関係でこんなに苦労するのか、その理由が顕著に分かったのは、社会人生活をスタートさせてから半年ほど経ったときでした。職場の環境になじめず、人間関係がとても辛く感じるようになり、精神状態が不安定になってしまって精神科に通院したことがきっかけでした。

 

医師に、過去に家庭内で起きていたこと、父親との関係、母親との関係、そして会社の職場にとの関係において苦労している旨を洗いざらい話しました。そして診断の結果、医師から告げられたのは、私の心の病はアダルトチルドレン(ACOA)が原因ではないか、とういうことでした。

 

アダルトチルドレンとは、アルコール依存の親から虐待を受けたり、不遇な家庭環境の体験から成人してもなおトラウマとして心の傷が残っている、心の病だそうです。

 

その一方で私は周りからACOAと言われることに抵抗があり、心の病を患っていると指摘されたら、それを受け入れられない自分がいます。

自分はけっして病気ではないし、認めたくないという気持ちが根底にあって、過去に起きた出来事について素直に向き合えない自分もいます。

それがなぜそうなるのか、正直自分もよくわかっていません。

 

今私は41歳です。この年齢になっても人間関係が上手に築けない、苦手意識がある、辛いと感じるのは過去のトラウマが原因となっていることは薄々感じてはいますが、どうも素直になれない自分がいる。

 

過去が原因で負った心の傷と真剣に向き合い、これを受け入れて克服するべきか悩んでいます。

コメントは受け付けていません。