プロフィール

2005年に独りで起業、独りネットビジネスにこだわり15年ほど。『独りネットビジネス』にこだわり約15年。在庫なし、初期費用なし、維持費なし、安定志向、独りでできていつでも辞められるビジネスを専門にやっています。

いじめ・人間関係のなやみ

キチガイのような人間のイジメの標的になり退職を余儀なくされ失業した50代です

私は現在は50代前半ですが、20歳のころまでは親と一緒に公務員官舎に住んでいました。その公務員官舎に住んでいた頃、小学校低学年のころまでは、その公務員官舎に私と同年代の女の子が何人か住んでいたのですが、そのうちの一人が、近所の他の女の子にずっとイジメられていました。

 

そして、なぜかそのイジメグループの中に、男の私が一人だけ一緒に加わって、その子のイジメに加わっていました。そのいじめられっ子の母親が、自分の子供がイジメられているのに気がついてイジメの現場に駆けつけるとき、他のイジメ役はそれに勘づいて素早く逃げるのに、鈍くさかった(?)私は、その場にずっと居続けたので、いつもその母親の叱られ役になっていました。

 

それぞれ皆の学年が上がってゆくにつれて、その今まで近所でイジメられ続けていた女の子は、いつしかイジメられなくなりましたが、今思えば、私はその子に対して本当に申し訳ないことをしてしまったと思います。

 

ところが、私が小学校高学年になるころから、今度は、近所や学校で私がイジメられるようになりました。当時私が通っていた小学校では、地域ごとに集団登校が義務付けられており、登校するたびごとに、そのグループのイジメを受けていたので、いつの間にかそのグループを避けて1人で登校するようになりました。

 

すると、学校の正門では、登校時にはいつも「安全委員」なる生徒がいて、その生徒たちから「これ以上、1人だけで登校するようなことが続くなら、先生に報告するぞ」と、いつも言われました。その後、1人で登校したことに関してどういう経緯をたどったのかは、覚えていません。

 

また、小中学校を通じて、中学校2年の時だけはクラスが別だったものの、それ以外の学年ではずっと特定の一人にイジメの標的としてマークされていました。

 

その一方で、教師からも体罰を受けたこともあります。小学校高学年では、担任の女教師に「授業内容をノートにとらない」という理由で私の頭を平手打ちされたこともありますし、中学校に入っても、中学1年の頃には体育担当の教師に「自分の質問に即答できなかった」という理由で、私の頭を何回も平手打ちされたこともあります。

 

高校に入れば少しは自分の人生が良い方向に変わるかなと思いましたけど、1年の頃から「密告魔」という事実無根のレッテルを張られ、イジメや冷やかしの対象にされました。特に高校2年の時は、執拗なイジメに耐えかねて家出をしてしまったこともあります。

 

中学校の卒業式で式後に一部の卒業生グループからリンチを受けたので、高校の卒業式でも同じ目に遭うだろうと思い、高校の卒業式は、同一日に某私立大学の入試を受けるという理由をつけて欠席し、何とかリンチは逃れました。

 

さすがに大学ではイジメには会いませんでしたが、プライドの高い人間にベタベタと付きまとわれたり、S学会の学会員から執拗に怪しいビジネスの勧誘を受けたりと、あまり満足な人間関係は築けませんでした。

 

大学を卒業して社会に出ても、正社員として働いたことはなく、ずっとフリーターとして働いていました。当然、自分の収入だけでは自立できないので、自分の人生を通じてずっと親元に住んでいました。

 

そして、長いフリーター生活を通じて、バイト先でいつもイジメ・誹謗中傷・冷やかしの的になっていました。私は元来、一つの職場が長続きせず、いつも転々としていましたが、なぜか某郵便局の仕事だけは19年も続きました。それには、父親が郵政関係の仕事だったということもあって両親が心理的に後押ししてくれていたということも一つの要因としてあったと思います。

 

ところが、その19年続いていた職場も、もはやキチガイとしか思えないような人間によるイジメの標的になり、やむなく去年8月に退職を余儀なくされ、それ以後、50代半ばにして半年以上失業状態が続いております。

 

そのキチガイみたいな人間は過去にも職場内で何回も問題行動を起こしており、一時期はクビ寸前のところまで追い込まれたのですが、なぜか、総務担当者の慰留にあい、クビは免れたという経緯があります。

 

そんな問題のある人間がクビにならずに生き延びていられること自体がおかしいのですが、今やどこの会社でも普通に見られる現象なのかな、とも思います。以上、イジメに関する私の体験談を述べてみましたが、ご参考になれば幸いです。

-いじめ・人間関係のなやみ

Copyright© 松田豊の公式ホームページ , 2020 All Rights Reserved.